広岡浅子は新作朝ドラのモデル!ペンネームは?出身や経歴等調査!

この記事は3分で読めます

NHKの新作朝ドラマ「あさが来た」

女性実業家「広岡浅子」の生涯がモデル

今回は彼女の生涯について調査した!

スポンサードリンク

■広岡浅子のプロフィール

20130310-05

画像元

名前   広岡 浅子(ひろおか あさこ

生年月日 1849年10月18日(嘉永2年9月3日)

没年   1919年(大正8年)1月14日)

職業   実業家、教育者、社会運動家

出典   wikipedia

制作が発表されたNHK新作朝ドラ「あさが来た」

広岡 浅子という実在の人物がモデルです。

 

私は朝が苦手なので滅多に朝ドラを観ないのですが

今回記事にするにあたりこの人物にたいして

非常に興味をそそられました。

というのも、彼女は明治を代表する

「女性実業家」でもありその豪気で英明な性格故

「一代の女傑」と称えられた人物だからです。

 

当時は現代程、男女に平等性がなかったことから

上記のように名を残される方は珍しく

そのことからも彼女の強かさが伺えます。

 

ちなみにあの「花子とアン」のモデル

feedd01e

村岡花子さんの文学者としての活動に

大きな影響を与えた事でも有名だとか。

 

そんな広岡浅子さんの生涯とは

一体どんなものだったのでしょうか?

まずは彼女の出身から見ていきましょう。

 

 

■出身と幼少の苦悩

20130310-05

彼女は元々京都の商家出身です。幼名は「照」

当時の女性の教養として重要視された

裁縫やら生け花、琴の練習などには興味がなく

学問に強い興味をもっていました。

 

小さなころから既に、後の実業家として

才能の片鱗を覗かせていたという事ですね。

しかし彼女の家では「女性に教育は不要」とされ

家人から読書を禁じられてしまいした。

l_238

自分の関心のある事は禁じられ

その逆の物は強制される。

浅子さんの当時の苦悩の程が窺えます。

自分の身に置き換えて考えるとゾッとします。

 

しかし彼女の人生は結婚を機に

まさにターニングポイントを迎ることに……。

 

 

■実業家として開花する才能

スポンサードリンク


浅子さんは17歳で大阪屈指の両替商

加島屋の一族の次男「広岡 信五郎」と結婚。

彼は坊っちゃん育ち故、経営の才能こそ

なかったものの心穏やかな人だったらしく

世が世なら平穏な人生を優雅に送れたでしょう。

 

しかし時は明治維新の真っただ中!

時代がそうなる事を良しとしませんでした。

 

幕末の混乱の中、両替商は続々と倒産。

もちろん加島屋も例外ではなく

その経営に大打撃を受けました。

 

夫は前述の通り頼りにならず

仕方なく浅子さんが実業界へと進出!

そして見事実業家としての才能を開花させ

加島屋を立て直したのです。

 

今も昔も女性は強い!ということですね笑

人のいい夫が仕事のできる妻を支えるという

男女が逆転した構図もお二人のスタイルに

非常に合っていたのでしょう。

今でこそ良く聞く話ですが当時としては

革新的な関係だったのではないでしょうか。

 

そして加島屋は浅子さんの手腕により

銀行・商社・保険業までてがける

大企業へと成長していったのです。

 

 

■日本初の女子大学の設立

0581d55647975c68d334c7b586f22bdb

※画像は日本女子大学の創設時代の写真

 中心の白い服を着た女性が浅子さん

 

1896年(明治29年)に梅花女学校の校長だった

Jinzo_Naruse

画像元

成瀬 仁蔵

彼から彼自身の著書「女子教育論」を手渡される。

幼少の頃学問を禁じられた経験をもつ浅子さんは

同著の女子高等教育機関設立の考えに共感。

金銭の寄付にとどまらず成瀬氏と行動を共にして

財政会の有力者に協力を呼び掛ける等、成瀬氏の

強力な援助者として精力的に活動しました。

 

そして彼女の実家である三井家一門にも

協力を要請し目白台の土地を寄付させる事に成功!

 

ここ、寄付させたと言う所がミソです笑

個人的にこのような強い女性には憧れます。

とはいえ現実ではなかなか厳しいのですけどね汗

 

さて、話を戻しますが……

浅子さんは1901年(明治34年)

日本女子大学校(現 日本女子大学)を

設立まで見事導きました。

 

女性の教育権獲得の大きな立役者として

精力的に活動した浅子さん。

学校設立後も彼女の女子教育への情熱

収まることはなく度々別荘にて勉強会を

開催していた程です。これの参加者には

feedd01e

こちらも朝ドラ「花子とアン」のモデル

村岡 花子さんも存在し後の彼女に大きな影響を

与えたことは有名な逸話として伝わっています。

 

すべてが急激に移り変わった激動の時代

その波乱の世を生き抜いた浅子さんの持論は

「九転十起(きゅうころびとおおき)」

これは

何でも初めから無理と思うたら、

結果もそのようになります。

無理でも目的を立てて、どないしたら完遂でけるか、

焦点を絞っていくことが大切どす。

出典

という意味が含められているといいます。

ちなみに浅子さんのペンネームは「九転十起生」

おそらく自身の持論から名付けられたのでしょう。

 

自身の信念を曲げず最後まで貫いた

男性顔負けの”強い”女性。

彼女の生涯を描いた朝ドラ「あさが来る」の

放送開始が今から待ち遠しいですね。

 

■まとめ

 

明治の女性実業家「広岡 浅子」さんの記事でした。

彼女がいなければ女性への教育制度も

かなり遅れることになったでしょう。

女性のみならず男性も尊敬すべき人物ですね。

それではまた次回!バイバイ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. f8238b4b13b27856ac2e71ddddbf9f0f-239x300
  2. EntryImage-300x288
  3. img_41-197x300
  4. nokko1-300x180
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る