金田一秀穂はニートから国語学者に?プロフィールや息子等も調査!

この記事は3分で読めます

Qさま等TVでもお馴染の言語学者金田一 秀穂さん

順風満帆なエリートかと思いきや元ニートだった?

言語学者に至るまでの道程とは?

プロフィールや息子などの家族構成も調査した!

■金田一 秀穂のプロフィール

本人参考画像

名前   金田一秀穂

生年月日 1953年5月5日

出身   日本東京都

職業   杏林大学外国語学部教授、政策研究大学院大学客員教授

出典   wikipedia

Qさま等教養系番組でお馴染の金田一 秀穂さん。

金田一と言うと「じっちゃんの名にかけて!」

金田一少年の事件簿だったり

逆さの体制で湖に突き刺さっているアレが有名な

金田一耕助シリーズを連想する人が殆どでしょう。

しかし

金田一 秀穂さんとは勿論関係ありません

恥ずかしながら最初は微妙に関係あるのかな?

なんて考えてしまいました……。

 

とはいえ創作上の金田一に負けないほど

金田一 秀穂さんも優秀な人物。そして

その筋の人間にとってはむしろ彼のほうが

有名なのではないでしょうか?

一般でいえばQさま等を視聴される方は

よくご存じの方だと思います。

ということで今回は彼について

特集してみました。

 

 

■ニートからの逆転

 

明治から昭和にかけて大学卒業後も就職せず

読書や自分自身の趣味に没頭した人々の事を

「高等遊民」と呼んだそうです。

今でいうところの「ニート」ですね。

なんと金田一さんもこれに憧れ一時期は

ニート生活を営んでいたと言うのです。

neet_man

というのも彼の家系は代々国語学者の家系

その重圧に耐えきれずに上智大学の心理学科に入学

先代たちとは別に道に進むことを決めたのは

彼なりの犯行だったのかもしれません。

そして大学を卒業後、金田一さんは

立派なニートになってしまったのです。

 

しばらくは高等遊民(ニート)として

日々を過ごしていた金田一さんでしたが

あるとき公園を清掃する年配者の姿に

感銘をうけます。ここが分岐点となり

金田一さんは再起することに。

東京外国語大学大学院にて日本語学を専攻

外国で日本語を教える道を歩み始めます。

元ニートとは言えそこから一念発起し

のちに教授にまで至ったのは元々、

地頭が良かったからなのでしょう。

いくら努力したからと言って

人生そう上手くはいきませんからね。

結果的に上手くいったという事は

逆説的にそれだけの要素がはじめから

備わっていたと考えるのが自然です。

残酷ですがいくら努力しようとも

自分が望む地平に辿りつける人物はわずか

であるならば彼はその中でも

選ばれた存在だったと言う事です。

 

今や立派な国語学者となった金田一さんですが

本人は自身の事を「日本語学者」だと言います。

そして現在外国学部の日本語学の教授として

外国語としての日本語という観点から

日本語の研究に日々取り組んでいます。

途中ニートであった期間を挟んだものの

最終的に先祖にならった職に就いたのは

なんらかの運命とも思えます。

しかし金田一さん自身が実は心の中で

ずっと望んでいたからこそ

「そう成った」

のかもしれませんね。

スポンサーリンク


 

 

■息子は演出家?

本人参考画像

名前   金田一 央紀

生年月日 1981年生まれ

出身   日本 東京都出身

職業   Hauptbahnhof主宰・演出家・翻訳家

出典

金田一さんの息子で演出家の金田一 央紀さん。

現在の年齢は恐らく33~4歳と思われます。

 

金田一さんの家系は祖父の代から

①祖父・言語学者

②父・国語学者

②秀穂さん・日本語学者

三代続けて学問の家系

ここにきて新風が吹き込まれたという印象です。

今はまだ一般の知名度が高いわけでは

ありませんが今後の活躍に注目しましょう。

 

しかし息子さんが演出家と言う事は

金田一さんの代で学問家系としては

恐らく最後となるわけですね。

一応娘さんもいるのですが

娘の金田一 ゆいさんは和菓子職人見習い

04

残念ながら学問を極めて学者になろう

と言う人物ではありませんね。

 

とはいえ金田一さん自身は子供たちの選択を

悪く思っていはいない事でしょう。

彼自身が家系ゆえの重圧で一度挫折した身

恐らく子供たちにはそのような経験を

してほしくなかったのだと思われます。

それにもしかしたら今後誕生するであろう孫

言語学者の道を歩む可能性もありますからね。

 

■まとめ

 

今回は金田一秀穂さんの記事でした。

いかがでしたでしょうか?

ニートを脱却し今やどこの誰に聴かせても

全く恥じるところのない経歴を

持つに至った金田一さん。

今後は彼の息子、娘の活躍と合わせて

注目していきたいと思います。

それではまた次回!バイバイ!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る