向翔一郎の姉と素行問題に注目!祖父の謎と父の指導にも迫った!

  • 向翔一郎の姉と素行問題に注目!祖父の謎と父の指導にも迫った! はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

若手柔道家の中でも注目を集める向 翔一郎さん。

姉の向 奈都美も柔道家で総合格闘の次は母に!?

向さんを育てた父の指導と祖父の謎に迫る!

過去の素行に大問題が? “異端児”の軌跡を調査!

■向 奈都美のプロフィール

生年月日 1992年10月7日

出身   富山県

学歴   白根一中→藤村女子高→山梨学院大

身長   158cm

前回に引き続き、向さんにフォーカスした

内容となっています。

まず最初に注目していくのは彼の姉について。

向さんの姉、向 奈都美さんも実は柔道経験者で

その実力は向さん自身に勝るとも劣らないもの。

向さんは4歳の頃から奈都美さんに付いて

道場に通い、柔道を習っていたようですが

奈都美さんの鍛錬開始時期は不明。とはいえ

向さんとは約4歳差なので上記の件から

少なくとも7~8歳の頃には既に道場にて

鍛錬を開始していたことが分かります。

スポンサーリンク


 

やはり、何事も幼き頃より続けることが

成功への近道なんですね。

私も小さなころから何かを続けていれば

また違う人生を歩めていたのかな……などと、

思わず無駄な妄想を巡らせてしまいました笑

閑話休題

さて、奈都美さんの話に戻りますが

柔道全国高校体重別選手権全国2位

全日本選抜サンボ選手権においては

女子56kg級で優勝し世界選手権では4位

輝くなど、華々しい経歴を誇っており

柔道家というよりかはむしろ『格闘家』と

言い表した方が適切な人物です。

女子総合格闘技の選手としても有名で

総合格闘技の舞台でも実力を遺憾なく発揮。

杉本恵さんと前澤智さん、それに

長野美香さんら強豪相手に勝利を収めています。

現在は一線より退き、トレーナーや食事アドバイザー、

講演やイベント等で積極的に活躍している上、

昨年10月には元気な男の子を出産!

 

shoichiro_mukai のInstagramアカウントより画像引用

 

子育てに仕事と充実した毎日を

送っているようです。

ちなみに向さんはこの甥っ子にメロメロで

「なんでも買ってあげたくなっちゃう」

と、親ばかならぬ叔父ばかを発揮中。

奈都美さんも子供に「財布が来たよ」と伝える等

良好(?)な関係を構築しています笑

スポンサーリンク


■他の家族について

ここでは姉のほかに向さんの家族について

注目していきたいと思います。

名前や詳細な経歴などは不明ですが

向さんによると柔道の先生なのだとか。

その手腕は言うまでなく、向さん姉弟を

柔道家、格闘家として大成するまで

育て上げた実力は素晴らしいの一言。

やはりというか父の指導は向さん曰く、

「厳しい」

「とにかく厳しかったのを覚えている」

……といったもので妥協とは無縁の指導者。

一方、柔道をしているとき以外は優しい父親

練習の無い日はキャッチボールをして

遊んでくれたりしたそうです。個人的には

オンオフの切り替えがちゃんとしている

理想的な指導者のように思えました。

ちなみに当初、向さんを柔道家ではなく

野球選手に育てたかったのだとか。

野球の道に進んだ向さんも興味深いですね。

祖父・祖母

向さんの名前で検索するとなぜか

上位に表示される『祖父』というワード。

父は向さんにとって親であると同時に

彼を柔道家に大成させる礎を築いた恩師でしたが

祖父に関しても類似の逸話があるのでしょうか?

調査してみた所、残念なことに祖父の情報は

一つも見つけることはできませんでした。

ではなぜ検索候補に浮上したのか?

インタビューでも祖父に言及した事例を

私は知らないので本当に謎です……。

しかし、一つ気になる情報が……。

 

shoichiro_mukai のInstagramアカウントより画像引用

祖母と映る向さん。両者とも笑顔がまぶしい。

 

上は向さんのInstagramより

引用させていただいた祖母とのツーショット画像。

この投稿には「墓参りをしに富山へ帰った」

とする旨の内容が記載されています。

祖母と一緒に墓参り、とくればその相手は

祖父なのではないでしょうか?

であるなら既に祖父は亡くなられている、

と考えていいのかもしれません。

実際、向さん姉弟の年齢を考えれば

不思議ではないです。

勿論、墓参りと祖母は無関係の可能性もある為、

現在はその可能性が高いという程度の

認識でお願いいたします。

スポンサーリンク


■素行問題

柔道界の異端児として注目を集める向さん。

その理由は特徴的な髪型であったり

持前のビッグマウスだったりするのですが

やはり一番はその素行ではないでしょうか?

前回の記事でも触れた向さんの素行問題。

今でこそ改心し、真面目に練習に取り組んで

結果をたたき出している向さんにも

慢心によって落ちぶれた時期がありました。

慢心の始まり

小4の時から柔道を本格的に開始した向さん。

全国大会への出場をきっかけに

厳しいと評判の父の指導も熱量がUP。

その甲斐あってか試合で勝ち続けることが出来、

向さん曰く

「この頃が一番柔道が強かったのでは」

とのこと。

中学時には将来のエリート柔道家の登竜門、

私塾「講道学舎」へ入塾。ハードな練習を続行。

しかし、いい意味で手を抜くことを覚えた彼は

練習のキツさで皆痩せると評判の講道学舎で

入塾後に10㎏太るという快挙(?)を達成。

とはいえ練習に不真面目だったかと言えば

そうではなく、充実した柔道生活を送りました。

そして

同塾を辞めた後に雄山中学校に入学して以降

彼の慢心が始まってしまいます。

柔道エリートが通う講道学舎で柔道をしていた、

という自負からこの頃の向さんは見事に天狗化。

結果実力が伸び悩み、父と言い争いになる

まさに思春期、というありさまに。

本格的な迷走

高校に入学してからも慢心は陰りを見せず、

講道学舎出身ということもあって

部活内でもちやほやされ、状況は悪化

練習に真剣に取り組むことも減少し

新人戦では中学の頃に圧勝した相手に敗北

そこで持ち直すか、と思われましたが

悔しいとは思いつつ結局彼の素行が

改善されることはありませんでした……。

父の一喝

新人戦で不覚を取りながらも改善されない

向さんの素行に、父がついに一喝。

「これまでにない剣幕で注意された」

向さんが振り返るほどの勢いで己の行いを

窘められたことにより反省した彼は

これ以降真剣に柔道に取り組むことに。

そして今に至る間わけですが

人は簡単に変われないとはよく言ったもの。

再び大ポをやらかす事になるのですが……、

それは前回の記事をご参照ください。

それでは今回はこの辺で、バイバイ!

■関連記事

向翔一郎が寝坊で破門?髪型と筋肉が魅力の異端児に注目!

 

ベイカー茉秋にブーイング?姉や祖母が凄い!彼女と破局の真相は?

 

中村美里が失神?学歴や私服に注目!出身とメダル獲得数等も調査!

 

スポンサーリンク


  • 2019 08.20
  • 向翔一郎の姉と素行問題に注目!祖父の謎と父の指導にも迫った! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る