都築龍太の乱闘やタトゥーの噂とは?嫁と選挙当選後の政策に注目!

この記事は3分で読めます

元プロサッカー選手、都築 龍太さん。

乱闘やタトゥーなど気になる噂の真相とは?

嫁さんはいるの?現さいたま市議の政策に迫る!

今話題の人物について調査してみました!

■都築 龍太のプロフィール

国籍   日本

生年月日 1978年4月18日(37歳)

出身地  奈良県生駒郡平群町

身長   185cm

体重   83kg

出典   wikipedia

元プロサッカー選手にして現在は

さいたま市議会議員である都築 龍太さん。

まずは簡単な経歴を観ていきましょう。

 

彼は長崎県の国見高校から1997年に

ガンバ大阪へ加入。ポジションはGKで後に

参考画像

日本代表にも名を連ねる選手として活躍しました。

2003年には浦和レッズへ移籍。ここでは2007年の

114

AFCチャンピオンズリーグ優勝などに貢献したが

2010年に湘南ベルマーレへレンタル移籍後

2011年に浦和との契約も満了し、引退を表明。

社会人チームでのプレーも考えたと言いますが

モチベーションの問題から断念したそうです。

 

選手として引退した都築さんに対し、今度は

指導者としての役割を周囲は期待しました。

しかしそういった予想と期待とは裏腹に

彼のとった選択肢はなんと県議選挙への立候補

2011年の選挙には落ちたものの

今年の4月12日に行われた統一地方選に当選!

さいたま市市議として新スタートを切りました。

個人的には今までスポーツ一筋だった人が

正反対とも言える政治の世界で活躍できるのか?

などと失礼ながらに考えてしまうのですが

店から二物も三物もさずかっている人も

たくさんいるのでいずれにせよ

今後に期待する事になるでしょう。

というわけで今回はその件も含め

調査してまとめてみました。

 

 

■乱闘とは?

l_033

「都築 龍太」の名前で検索すると

何故か検索候補にヒットする「乱闘」の文字。

実は以前都築さんが浦和レッズに所属していたころ

ガンバ大阪との試合に敗れた後に

当時のチームメイト

エスクデロ・セルヒオ

本人参考像元

口論になったことがあったそうです。

サポーターの目の前で掴み合いにもなったようで

当時を知る人間には「乱闘」と記憶されています。

とはいえ殴り合いになったわけでもないので

見た目にはそれほど激しい格闘は

無かったと思われます。

その時の動画はこちらになります↓

口論になった当時の動画

(※上から一番目の動画)

 

 

■タトゥーと嫁の噂

この項目ではネットで実しやかに囁かれる

都築さんの噂を検証していきます。

まずは「タトゥー」について。

サッカー選手のタトゥーといえば

ベッカム選手のものが有名です。

ベッカムタトゥー参考画像

日本の選手でも体に彫っている方は

少なくないようですが

都築さんはどうなのでしょう?

 

いくつか画像検索して検証を行いましたが

ぱっとみえる範囲には見られません。

「背中に彫ってある」という噂もありましたが

それを証明する手段もないので当サイトでは

この噂は「嘘」だと予想します。

l_053

次は結婚相手、つまり「嫁」の有無ですが

これは完全にただの噂だと思われます。

記事を探してみましたが都築さんが結婚された

というものは見つかりませんでした。

とはいえ彼女ならいても可笑しくはないですね。

スポンサーリンク


 

 

■政策は?

今回めでたくさいたま市市議へと当選した都築さん。

気になるのはその「政策」ですが

彼は一体どのような政策を目指すつもりなのか

その志の一端を語ったインタビューがこちら↓

「ずっとやってきたので、スポーツはもちろん得意分野ではあります。生涯スポーツについてやりたいこともあります。市議という立場で浦和レッズやサッカーに恩返しができるんじゃないかと考えています。そういう『やりたい政策』を曲げたらいけない

だけど、やりたいこととやらなくちゃいけないことは、分ける必要もあります。最優先にするのは、“やらなくちゃいけないこと”なんです。地域の問題をしっかりと聞いて、それに対する答えを地元へ持って帰る。最初は出来ないことも多いだろうけれど、『出来ません』じゃなくて、問題を解決することを前提に、『こういう状況だから、今は難しいけれど、継続していきます』という風にやっていきたい

出典

具体的なマニフェスト等は不明ですが

市民の声に耳を傾ける政策をし

余裕があれば彼が恩義を感じる

浦和レッズを支援したい。

そしてサッカーなどスポーツを通じて

地域の活性化を目指す

と言う所でしょうか?

 

なにはともあれ彼は市議としての

新しい人生をスタートさせました。

今後も初心を忘れずに市民の為の

理想の政策を推進してほしいですね。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る