岡本圭司のスタンス幅は?X-TRAIL日本人最高位!事故で下半身不随!

この記事は2分で読めます

日本を代表するプロスノーボーダー岡本 圭司さん

X-TRAIL JAMで日本人最高位に輝いた事でも有名

そんな彼のスタンス幅や突然の下半身不随の告白

今話題の気になる話題について調査してみた!

スポンサードリンク

■岡本 圭司のプロフィール

photo01

画像元

生年月日 1982/02/20

身長   170cm

体重   56kg

血液型  O型

ボード歴 7年

出身地  兵庫県

出典

日本を代表するプロスノーボーダー岡本 圭司さん

高校卒業後の20才からスノーボードを始め

日本のプロ資格にこだわることなく

早くから世界大会に参加していた人物。

※以前自身のブログで日本のプロ資格に対し

疑念を抱いているような発言もされていました。

11a

画像元

 

日本のスロープスタイル界の第一人者で
関西ライダーを中心としたチーム

「HYWOD(ハイウッド)」を結成。

kadonoyuki-rt2-face

角野友基らトップライダーを輩出すると共に

各地でパークの造成やイベント企画

若手の育成、プロデュースも手掛けています。

 

 

■岡本のスタンス幅とは?

d3e3717f-s

画像元

「スタンス幅」とは簡単に説明すると

ボードに固定されている両足の間隔のことです。

なんだか実際にやってる方から突っ込みが

きそうで若干こわいですがその辺はご容赦を笑

 

スタンス幅の決め方はスノーボードの

スタイルによって変わってくるといいいます。

標準的なスタンス幅は身長の30%程度。

初心者の場合はその原則に従っていれば

そうそう失敗はしないと思われます。

 

そこで岡本さんの場合ですが2011年の段階で

スタンス幅58㎝というデータがあります。

参考にされてみてはどうでしょうか。

 

 

■X-TRAIL日本人最高位!後輩育成にも尽力

11a

画像元

07年日産X-TRAIL JAMで日本人最高位に輝き

most impressive riderwo受賞した

スロープスタイルでは

日本人屈指のスノーボーダー。

スポンサードリンク


同年に

「HYWOD(ハイウッド)」

を結成し後輩の育成にも尽力していた事は

既に上の項目で解説させていただきました。

しかし今回大きなアクシデントが

岡本さんを襲ってしまったのです。

 

 

■撮影中の事故!下半身不随に

l_020

17日岡本さんは自身のFace bookを更新

撮影中の事故で腰椎など十数カ所を骨折

下半身不随となったことを告白しました。

 

このニュースはたちまちネット上話題になり

今回私も調査することになったのですが

とても衝撃的な出来事です。

 

事故が起きたのは2月7日

撮影中になんらかの事故が起きて、

道路に転落し第3腰椎の骨折をはじめ

十数ヵ所骨折したと岡本さんは報告されました。

 

すぐさまヘリで搬送され緊急手術を受けたものの

脊椎を損傷したことで下半身不随に……。

 

現在は絶対安静首しか上げられない状態だとか

一日も早く岡本さんが回復される事を願います。

 

 

■まとめ

 

 

プロスノーボーダー岡本圭司さんの記事でした。

下半身不随、今後どうなるかは分かりませんが

復帰は難しいかと思われます。

しかしだからといって可能性がゼロでないなら

まだ望みはあるのではないかと思われます。

無責任ではありますが彼の回復を願っています。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0480064012763783447
  2. 351_pic_01-200x300 (1)
  3. 132h1
  4. 2fa66ed4
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る