川上大輔はおねえか?大学や彼女を調査!韓国人の噂や声にも迫る!

この記事は3分で読めます

独特の高音が特徴な歌手、川上 大輔さん。

彼の出身大学や彼女の有無を調査!

おねえや韓国人の噂、声についても注目!

話題の人物についてまとめてみた!

■川上 大輔のプロフィール

 


別名   大ちゃん

出生   1984年11月12日(30歳)

出身地  日本・東京都

ジャンル 歌謡曲

職業   歌手

活動期間 2013年 –

レーベル WARNER MUSIC JAPAN

事務所  グッデイ

出典   wikipedia

高いソプラノボイスで話題の川上 大輔さん。

その容姿が優れていることもあってか

歌謡曲の世界ではビジュアル歌謡とも称される程で

今後の日本歌謡を支える人材だとも言われます。

ちなみに、個人的にも好きな歌手の一人で

秘かに応援していたりします笑

 

さて、そんな川上さんですが学生時代は

歌手志望と言う以外はごく普通の学生でした。

しかし代官山のライブハウスで

洋楽のカバー曲を披露したのを

業界関係者に観られてから状況は一変します。

 

なんとその場で才能を見こまれた川上さんは

すぐさまスカウトされ見事、歌手デビュー。

実力もさることながら

天運にも恵まれていたのでしょう。

さすが〝もってる”人は一味違います。

とはいえここで問題なのは

どのようなジャンルの歌手で売り出すか

上記にあるように洋楽を始め多種多様な

ジャンルの音楽を修めている彼ですが

最も適性があったのが「日本の昭和歌謡」

 

本人も昭和歌謡にシンパシーを感じ

同路線の歌手として生きていくことを決意。

そうして発表したデビュー曲は

昭和歌謡の名曲「ベサメムーチョ」

プラチナボイスとも称される歌声で

これがデビュー曲とは思えないほど

見事に歌い上げていますね。

 

非常に個人的な話になりますが

私も好きな音楽のジャンルは

昭和歌謡なので彼の音楽には

非常に心打たれる物を感じました。

特に昭和のアイドル歌手が好きで、

花の98年組は私の中では今なお現役!笑

そういった個人的嗜好もあってか冒頭で

述べたとおり彼には今後も頑張って欲しいと

強く思っているわけです。もちろん、

今後も応援して行きたいと思います!

スポンサーリンク


 

 

■大学やおねえの噂

川上さんの名前で検索すると

検索候補に「大学」が浮上します。

そこでさっそく、彼の学歴を調査しました。

 

しかし残念ながら彼の大学はおろか

それ以前の学歴も発見出来ませんでした。

頼みのwikipediaにも記載はなく

この辺りについては全くの非公開のようです。

非常に残念ですが音楽を嗜んでいる事から

もしかすると音楽系の学校かもしれませんね

とはいえこれは予想でしかないので

今後続報が入り次第追記したいと思います。

さて、次は川上さんが「おねえ」ではないか?

という噂について調査してみました。

この噂について巷の根拠としては

「声」「容姿」などが散見されました。

 

パッとみた限りではあまりそういった

印象を抱くことはありませんが

確かに中性的な魅力のある人物かもしれません。

だからこそ、そのような疑惑が実しやかに

囁かれるのも理解はできます。

しかし、それを裏付ける証拠はなかったため

これはガセ、だと当サイトでは判断します。

ファンの皆さんはある意味安心?でしょうか?

ちなみに私は安心しました笑

スポンサーリンク


 

 

■彼女や韓国人の噂

川上さんについて調べていくと

何故か「韓国」の単語が浮上します。

少なくとも私が知る限り彼が

韓国との交流をもった事などはない筈。

「もしやライブか?」と思い、調べてみたものの

そもそも海外でのライブ経験が無い様子。

ではなぜ韓国が浮上したのかと言うと

 

彼の容姿が韓流スターに見えるから、と言う物

個人的な意見を言わせてもらえるならば

そんなに似てなくね?

というのが正直なところ笑

とはいえ確かにじーっとみると

そういう雰囲気もあるかもしれませんね。

中には在日とする噂もありましたが……

その根拠も何もないのでガセでしょう。

l_053

最後は川上さんに「彼女」がいるのか?

という噂に関してです。

まあみんなこれは気になるところだとは思いますが

調査しても全くそのような噂は有りませんでした

とはいえもう30代。実は同棲してます、

なんて言われても驚きませんが

真相はいまだ明らかではありません。

私的にもファンとして気になるところですが

なにはともあれ川上さんが

幸せである事を願います。

それではまた次回!バイバイ!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る