東海由紀子の炎上原因は?旧姓等プロフィールや当選の確立を調査!

この記事は3分で読めます

PK2010071202100058_size0

元NHKキャスター東海由紀子さん。

過激な発言で注目を集める彼女の炎上歴とは?

旧姓や旦那等のプロフィールもチェック!

今後の議員当選確率はどれくらい?調査しました!

スポンサードリンク

■東海 由紀子のプロフィール

PK2010071202100058_size0

画像元

生誕  1968年2月19日(47歳)

出身  滋賀県伊香郡木之本町

国籍  日本

出身校 京都女子大学文学部卒業 ボストン大学大学院修了

職業  昭和女子大学客員教授

出典  wikipedia

今話題の人物、東海 由紀子(とうかい ゆきこ)

現在は昭和女子大学で客員教授として

教鞭を振るっている彼女ですが以前は

NHKのスポーツキャスターとして活躍。

その華やかさと外資系企業での経験を買われ

第22回参議院議員通常選挙において

東京都選挙区(改選数5)から自由民主党

2人目の候補として出馬したこともある女傑。

個人的にはタレント候補枠はその人気のみで

当選する傾向にある事からあまり好みでは

無かったのですが彼女の場合実力も

備えていル様子なので微妙に応援していました、が

075

結果は落選

とはいえ党の公認自体が遅れていた

彼女自身の資質の問題だけではありませんでした。

 

 

■旧姓や旦那

4afa4034-s

東海 由紀子さんの旧姓は岩田

つまり結婚以前は「岩田 由紀子」でした。

 

お相手は日本の元アメリカンフットボール選手

img_c1452fe7fb307e310060f7051c7041d723599

画像元

東海 辰弥さんです。

現在はアサヒビールに勤務。

052

お二人が結婚されたのは1991年

大学生時代に知り合ったと言います。

 

 

■炎上歴と原因は?

072

もはや芸能人にかぎらず炎上といえばTwitter。

まずは東海さんの炎上歴から観ていきましょう。

 

①官邸前デモに参加した議員への暴言で炎上

②選挙特番にアイドルや芸人を呼ぶなと発言し炎上

③Twitterのアニメアイコンへ向けての暴言で炎上

 

に関しては関連性があります。

集団的自衛権に関するデモに参加した議員に対し

「議員なら議会で主張しろ」

等と呟いたところ炎上。

 

この時東海さんに苦言を呈したのが

アニメアイコンの人物達でありこれに対し

等と強い語調で反応

結果、反感を買い炎上は加速。

スポンサードリンク


最終的には

と完全に特定の層を敵に回し対立

これによりネット上ではアニメアイコンを

敵視しサブカル層に対する障害として認識され

煽り煽られ3月19日、同じ事を繰り返し炎上。

 しかし、アニメアイコンが云々は完全な

言いがかりに近い物でしたが

そもそもの呟きの内容

それほど的を外した意見ではなくむしろ正論

ただ発言の仕方と場所が悪かったのでしょう。

 

②に関しては「第47回衆議院選挙」が

行われた当時、選挙の特番である

「小泉進次郎x櫻井翔”若い世代”への期待は」

が放送されました。これに対し

選挙特番にお笑い芸人とかワイドショーの司会とかアイドルとか、ほんとおかしいですからね。

出典

と発言してしまい案の定炎上

櫻井 翔さんのファンたちが激怒し反論。

アニメファンだけでなくジャニーズファンまで

怒らせてしまったのです。

 

とはいえこの呟きの前に東海さんは

「民法の選挙特番はダメ」

と発言しており恐らく自身が

元NHKキャスターであったプライドから

思わず出てしまった発言だと思われます。

そう考えると納得できるところもありますが

多少行き過ぎた発言だったかもしれません。

 

 

■当選の確率は?

PK2010071202100058_size0

画像元

今後再び出馬する事になった場合

東海さんが当選する事はあり得るのでしょうか?

個人的には応援したい気持ちもありますが

少々難しいというのが現実でしょう。

しかし今後の活躍如何ではその限りでもないかも?

今後の活躍、発言が気になる人物ですね!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 351_pic_01-200x300 (1)
  2. f53290fc87674c
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る