島田洋七の自宅や年収は?副業でおでん?ウソの真相と現在に迫る!

この記事は4分で読めます

N0017372_l

ベストセラー作家でもある芸人の島田 洋七さん。

佐賀の自宅や全盛期の年収にも注目!

副業でおでん屋を経営?

がばいばあちゃんの嘘とは?彼の現在に迫る!

スポンサードリンク

■島田 洋七のプロフィール

N0017372_l

出典

http://www.cinematoday.jp/page/N0017372

本名   徳永 昭広(とくなが あきひろ)

生年月日 1950年2月10日

出身地  広島市白島九軒町

身長   164cm

最終学歴 広島工業大学土木工学科中退

師匠   島田洋之介・今喜多代

コンビ名 B&B

相方   島田洋八

事務所  オスカープロモーション

活動時期 1972年 –

作品   著書 『佐賀のがばいばあちゃん』

配偶者  既婚

出典   wikipedia

映画やドラマ、漫画に舞台まで制作された

大ベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」

これの作者であり芸人の島田 洋七さん。

彼の人生は時にジェットコースターにも

例えられるほど激動のそれであり

上がり下がりの激しい様から

picture_pc_a39826a1639e878f14ad234de24bfd744fa1ee1d

出典:https://cakes.mu/posts/9197

親友のビートたけしさんに

「シーソーか」と茶化される事も。

実際、幼いころはお金もなく

貧乏生活を送っていた島田さん。

それが一転、相方の島田 洋八さんと

漫才コンビ「B&B」を結成し

「漫才ブーム」を巻き起こします。

当時はかなりのお金を稼いでいたらしく

たけしさんと銀座のクラブを

一千万で貸し切ったり、たった三人の

飲み会で150万も使ったり……etc

豪遊生活に勤しんでいたのだとか。

上記の様な生活も羨ましい、とは思いつつ

個人的には「そのお金を貯金していれば」

などと考えてしまいます笑

――閑話休題

しかしそんな生活も長くは続きませんでした。

たけしさんが「シーソー」と称したように

島田さんの人生はここから急降下。

81年からその人気に陰りが見え始め

82年に本格的に低迷していきます。

そして83年にはコンビを解散

解散後は別の相手とコンビを組んだ事も

ありましたがどれも長続きしませんでした。

さらには複数の事業に手を出したものの

結局は閉店する事に。

075

本格的に仕事がなくなった島田さんは

親友であるたけしさんのお仕事に

ついて回る事になります。

7年間、たけし軍団のコック的な活動に

精を出したり選挙に立候補してみたり

見事な迷走ぶりを見せ借金も

背負う事になった島田さんは芸人引退を決意。

たけしさんに相談をしたところ

「芸人をやめるなら友達づきあいをやめるぞ!」

と一喝され引退を思いとどまり

翻って生涯一漫才師を決意する事に。

l_093

そして洋八さんと「B&B」を再結成、

再スタートを切ります。

その後は紆余曲折ありながらも

「佐賀のがばいばあちゃん」が

大ヒットした事により再び知名度が上昇

多くの仕事と報酬に恵まれました。

そうして現在に至るわけですが

今回はそんな島田さんについて

特集していきたいと思います。

 

 

■自宅や年収について

yousichi019

出典

http://www.cableone.ne.jp/~ken-tati/rifo-mu.html

上の画像は佐賀市にある島田さんの豪邸です。

これが一度地獄を見た人間の住居なのか?

と思うほど立派な外観に驚かされます。

詳細な住所をここに載せる事は避けますが

「島田洋七 佐賀 自宅」と検索すれば

すぐにわかると思うのでもし周辺に

住んでいて興味がる方は

迷惑がかからない程度に様子を

窺ってみても良いかもしれませんね。

タイミングがよければ生の島田さんを

目にする事が出来るかもしれませんよ?

スポンサードリンク


さて、次は島田さんの年収について。

全盛期は月収1億の時もあったと言われ

公表されている中で最も稼いだ年の金額は

8億円だったと言います。

ちなみに

「がばいばあちゃん」シリーズの印税が4億円

とされているのでほぼ半分が本の印税に

なるわけですね。いやはや、不労所得は

すべて労働者の夢と言えます。

現在は全盛期ほどの稼ぎはないものの

主な収入源である講演料が一回で20万程

それを一年間で少なくとも20か所以上

行っている事からこれのみで

400万程稼いでいると思われます。

さらに漫才や副業での稼ぎも加えれば現在も

年収1千万はくだらないのではないでしょうか。

 

 

■ウソの真相と副業のおでん

N0017372_l

出典

http://www.cinematoday.jp/page/N0017372

「がばいばあちゃん」シリーズは

島田さんの少年時代を描いた自伝であり、

多少の脚色はあれど多くの人には

ノンフィクションとして

受け入れられていました。

しかし実際には嘘だらけだったとも

言われているのです。というのも

島田さんは親友のたけしさんに

洋七から漫才をとったらうそ付き、うらぎり者、サギ師、へんたい、などしか残らない

出典 wikipedia

と言われているほど根っからのウソツキ。

だからといってその小説も嘘だ、と決めるのは

論理の飛躍に思えるかもしれません。

しかし、そもそも彼は

「お笑い」芸の本質とは嘘を楽しむ事で

自分の言葉や表現はすべて「芸」

芸人は虚像が実像であるかのように見せるのが

あるべき姿であり、正体を世間に晒すのは恥だ

という伝統的な芸能哲学に順じる

スタイルを持っているのです。

つまり「がばいばあちゃん」に嘘があった所で

それ含めて彼の「芸」なのだから

むしろ当然のことと言えます。

もちろん全てが嘘ではないでしょうが

各媒体での発言から盛っている部分も

多分にあると思われます。

まさに、これを信じるか信じないかは

a6421063029cb1f68349af5d6e252fc2

あなた次第です!

 

さて、最後は島田さんの副業について。

一時期多くの飲食店を展開し

全てを閉店させた彼ですが現在は

おでん店を経営しているそうです。

食べログでも☆3.1と中々の

高評価を受けています。

P012653401_480

●住所・アクセス

福岡県福岡市中央区春吉3丁目26-27 柳橋バス停より徒歩5分

●営業時間・定休日

月-土、祝日、祝前日: 17:00-23:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00) 17:00~23:30(L.O 23:00) 定休日:日 なし

出典:http://www.hotpepper.jp/strJ000709488/

興味のある方は一度

足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. shingodzillascreen009
  2. takahashisaki2
  3. actress_042-282x300
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る