おばたのお兄さんは筋肉が凄い!彼女や土佐兄弟との関係も調査!

この記事は4分で読めます

小栗 旬さんのモノマネで話題、おばたのお兄さん。

本名や出身、身長等、プロフィールを調査!

体育大出身故の筋肉やセグウェイ動画がヤバイ!

彼女の存在や土佐兄弟との関係にも注目した!

■おばたのお兄さんのプロフィール

 

本名   小幡 和貴(おばた かずき)

生年月日 1988年6月5日

出身   日本 新潟県魚沼市

学歴   日本体育大学体育学部卒業

血液型  B

身長   167cm

出典   wikipedia

モノマネ芸でブレイクしたおばたのお兄さん

モノマネの対象は、

人気俳優の小栗 旬さん!……なのですが

彼自身を真似したわけではありません。

゛人気ドラマ『花より男子』

「花沢 類を演じた小栗旬」を真似る

というなかなかマニアックな芸なのです。

勿論それ以外の小栗さんも真似していますが

今のところ上記の物が一番有名でしょう。

その再現度は?というと……

ご覧の通りです笑

小栗さんの身長は184cm、対して

おばたさんの身長は167cm

この点が最もわかりやすい外見上の差異なので

これを利用したネタも彼の持ち味となっています。

 

私はドラマ版『花より男子』直撃世代

という事もあっておばたさんのネタには

毎度毎度笑わせてもらっています。

個人的に今最も推したいお笑い芸人さんですね。

スポンサーリンク


 

 

■筋肉や彼女について

普段、小栗さんのモノマネをされるおばたさんは

基本的に体のラインがはっきり表れない服を

着ています。その為、服の下にある筋肉美は

あまり知られていません。ということで

さっそくその隠された筋肉を見てみましょう!

すっげぇ腹筋!

おばたのお兄さんならぬおばたの筋肉君ですよ!

普段のおとぼけた、ともすればぬけている

とも捉えられかねない雰囲気からして

想像もできない肉体美ですね。

モノマネ時に着用する白いタートルネックの下に

これほどの肉体を隠しているとは驚愕です。

元々の顔が良いだけに女性ファンも

結構多いのではないでしょうか?

 

さて、そうなると気になるのが彼女の有無。

さっそくSNSで調査してみると……

あっ・・・(察し)

まあこれ含めて彼女いないという体で

撮られたネタ動画かもしれませんし、

上のツイートからもう一年がたとうと

している今現在、彼に彼女がいても

不思議ではないでしょう。

 

ちなみにおばたさんは自身のtwitterで

高校時代の彼女に関して言及しており、

当時の彼女はシンデレラがかなり好きで

ガラスの靴に憧れていたとか。

そしておばたさんはその彼女に

ガラスの靴型の酒瓶をプレゼントしたそうです。

意外とロマンチックな方なんですね、

なんだかモテ男じみたテクニック。

実はおばたさん、結構モテるのでは……?

スポンサーリンク


 

 

■ネタや土佐兄弟との関係

おばたさんの名前で検索すると

なぜか検索予測候補に

「セグウェイ」が浮上してきます。

なぜかと思い検索してみると彼のネタに

かなり関係が深いことが分かりました。

それが分かる動画がコチラ↓になります。

こんなん絶対笑うやん

電車の中とか人の多い外で観ないでよかった……。

みなさんも気をつけなはれや!

 

最後はお笑いコンビ、『土佐兄弟』との関係です。

こちらも検索予測候補に浮上してきたため

上記の件と共に調べてみました。

それによると正確には土佐兄弟の弟、

ボケ担当の土佐 有輝さんと親しいようです。

なぜかというと有輝さんもおばたさん同様

小栗さんに似ておりそのモノマネ芸を

されているからです。

ある意味商売敵でもありますがその関係は良好

共に小栗さんのモノマネをするコンビ、

『マロンマロン』として活動もされています。

敵対するのではなく、味方に引き入れるとは……

まあそもそも敵対心などなくて単純に

「二人でネタをしたら面白いのでは?」

と考えたのでしょう。今後もおばたさんに

注目していきたいですね!

 

■関連記事

サンシャイン池崎の年収や彼女に注目!マジックと本名も調査!

ゆりやんレトリィバァの性格や彼氏に注目!水着と英語力にも迫る!

ブルゾンちえみの彼氏は外国人?大学中退や家族についても調査!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る