ネフェルティティのアマルナ革命とは!一神教の原典?正体は誰だ!

この記事は3分で読めます

47716112-230x300

二次大戦時のドイツ総統ヒトラーすら虜にした

エジプトの王妃にして絶世の美女ネフェルティティ

謎に満ちた彼女の生涯について調査した!

スポンサードリンク

■ネフェルティティとは

47716112

エジプト新王国時代の第18王朝のファラオ

アクエンアテン王の正妃であり、あの

img_1

黄金のマスクで有名なツタンカーメンの義母。

 

ネフェルティティの名前の意味としては

ネフェルは「美しい者」ティは「訪れた」

という意味らしいです。

この名前からは彼女の出自が伺えます。

というのもネフェルティティ は

エジプトの当時の同盟国「ミタンニ」

という国から嫁ぎに来た王女、とする説があり

「美しい者が訪れた」又は「やってきた美女」

という名前は他国から来た美しい王女

現しているのだ、と言われています。

 

それにしても、名の由来になるほどの

美貌を誇った当時の王妃ですか……。

私としても非常に興味があります。

現代ではかなうべくもない事ですが

出来る事なら生きていた当時の彼女を

目にしたいものです。もし将来、

タイムマシンなんてものが実用化されたら

ワンチャンあるかもしれません笑

 

974ab36b250df021f184157f39ee5524

さて、当然ながら現代ではどうあがいても

生身のネフェルティティを拝む事はできません。

しかし彼女の姿は未完成ながらも

美しい胸像で現代にまで伝えられています。

それが上にある画像になりますが

この胸像には色々な逸話があります。

実はこの胸像、「ニセモノなのでは?」

という疑惑があるのです。それというのも

実はこの胸像は現在ドイツで保管されており

エジプトには存在しません。

 

では何故本来エジプトにあるべき王妃の胸像が

ドイツに存在するのか?返還要請はなかったのか?

もちろん返還要請はありました。しかしなんと

あの二次大戦時のドイツに君臨した総統

119763023087716411143

アドルフ・ヒトラーが返還要請を拒否したのです。

ヒトラーは胸像を見た瞬間に心を奪われ

すっかりネフェルティティの美しさに

魅了されてしまったと言います。

 

偽物疑惑の詳細としては戦時中空爆から逃れる為

数々の美術品が地下に隠されました。

その中にネフェルティティの胸像も含まれており

その後ヒトラーに命令された一部の兵士が

いくつかの美術品を秘密裏に贋作と摩り替えた。

という逸話があり、それが真実であれば

現在展示中の胸像は偽物の可能性があります。

 

まあ、ヒトラー個人にしてもそうですが

当時のドイツにはオカルトめいた話が

多く残っていますし今でも

創作物のネタとして使用されています。

なのでニセモノ疑惑に関しては

話半分に聴いておくのがいいでしょう笑

 

 

■アマルナ革命と一神教の原典?

akh

ネフェルティティの夫でありファラオ

アクエンアテン王(アメンホテプ4世)

彼は非常に革命的な王でした。

 

彼、または彼ら夫婦をかたる上で代表的なのが

 

アマルナ革命です。

 

革命が起こるまでエジプトは太陽神ラーを始め

多くの神を崇めるいわゆる多神教だったのですが

彼が起こした革命により、唯一神アテンのみを祭る

世界初の一神教が始まりました。

Aten_disk

画像右上が唯一神アテン

それまでのエジプト宗教は完全に廃止され

古の神々の像を破壊し唯一神アテンへの

信仰に切り替えたのです。

これがネフェルティティと夫アクエンアテンが

一神教の原典と呼ばれる所以です。

 

しかし彼がこの世を去った後唯一神アテン信仰は

すぐに廃れ、エジプトは従来の多神教に戻ります

ですが彼らが後のユダヤ、キリスト教等の

一神教の原型を作ったことは事実であり

現代に見る一神教の影響力を考えれば

その功績は多大なものであったことが伺えます。

日本人である管理人としては多神教に馴染み深く

一神教自体には違和感(?)があるのですが

この功績が宗教的に大きな意味を持っているので

その歴史の重み故に畏敬の念を覚えます

 

 

■ネフェルティティの正体

スポンサードリンク


彼女の両親がはっきりしないこともあり

ネフェルティティの正体は諸説あります。

一番可能性の高いものとして前述の

ミタンニ王女である説を私は支持しています。

 

この王女の名前はタドゥキパといい

もともとアクエンアテン王の前任の王

アメンホテプ3世と結婚する予定でしたが

彼が倒れたためアメンホテプ4世、つまり

アクエンアテンと結婚したと言われます。

 

ですが彼女の生涯に関する記録は極めて

不完全とされており、真実はわかりません

真実が不明であることにある種じれったさを

感じてしまいますが今後の発掘調査で

新たな事実が判明することを願います。

 

■まとめ

 

絶世の美女ネフェルティティに関する記事でした。

いかがでしたでしょうか?

未だ明かされない歴史の謎というのは

ロマンがありますよね~。

それではまた次回!バイバイ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. img_41-197x300
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る