加藤諒のカツラやオネエ疑惑に迫る!子役時代と障害にも注目!

この記事は3分で読めます

022

独特のキャラクターで話題の俳優、加藤 諒さん。

彼女がいないのはオネエだから?障害の噂も調査!

カツラをつけているのは何故?子役時代にも注目!

気になる過去の恋愛も含めて真相に迫った!

スポンサードリンク

■加藤 諒のプロフィール

022

出典

http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/022.html

本名   加藤 諒

生年月日 1990年2月13日

出生地  日本 静岡県静岡市

身長   160 cm

血液型  O型

職業   俳優

ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画・CM

事務所  キューブ

出典   wikipedia

独特なキャラで人気上昇中の俳優、加藤 諒さん。

ぼっちゃんスタイルの髪型に太い眉、

そして表情の読めない大きな瞳を持つなど

なかなかパンチが効いたビジュアルの持ち主。

個人的にはそのビジュアルも踏まえたうえで

彼の最も特異な部分はそれら自身の魅力を

自覚して運用しいている頭脳だと感じました

明るく中性的でファンキーなキャラクターも

半分は計算しているのではないでしょうか?

hollywood_joyu_woman

なんてったって彼は役者ですからね。

架空の人格を演じるのは得意分野でしょう。

とはいえ以上はあくまで私の推測にすぎません。

真実とは言えないのでこれこそ、話半分

聞き流していただけると幸いです笑

 

 

■オネエとカツラ疑惑

csd2pceumaa6nbk

画像元

普段から所謂オネエ口調を多用し、また

仕草などからもオネエを感じさせる加藤さん。

では本当に彼はオネエなのでしょうか?

結論から先に言うと彼はノーマルです。

恋愛対象も女性だと名言されていますし

実際、とあるインタビューでは

結婚願望が強い事も暴露されています。

しかし彼のキャラクターがオネエ的なので

告白する女性すべてに

「そういうふうに観てなかった」

と言われて撃沈してきたのだとか……。

私は上の項目で彼のキャラは半分演技では?

と推測を述べましたがつまりこれは

半分嘘でも半分はホントと言う事。

だから彼の全てが架空のそれではなく

実生活でもファンキーな性格は大体が

そのままなのでしょう。

そりゃあ告白された女性からしても

友達以上には観れませんよね笑

とはいえそういう彼が好き!という女性も

絶対にいます。なぜなら、なんだかんだ言って

加藤さんも芸能界で生き抜いてきた傑物。

その才能は本物、そこにほれ込む女性は

少なくない人数いるでしょう。

ただ、問題は好きになってくれた女性を

彼が好きになるのかなのですが……。

本人曰く、自分から告白した女性は全滅だったが

逆に惚れられた経験はなくもない、のだとか

ではその女性達とは付き合ったのかと言うと

それは定かではありません笑

fashion_katsura

次はカツラについてです。

加藤さんはまだまだはげるにははやい年齢。

にも関わらず彼の名前で検索すると

カツラが関連ワードにヒットします。

そこで早速調査してみると……

ca3txfeueaeplot-e1459833689645

ガチでカツラだったあッ!

しかしカツラとはいえ決してハゲではなく

元が坊主頭だからそれだと可愛げがないと

事務所が判断し彼に合わせて

カツラを用意したと云うのが真相

ということは今後加藤さんの髪が伸びた場合

カツラは辞めて自毛に切り替えるのでしょうか?

う~ん……なんとも複雑な気分です笑

おなじく禿げていないのにカツラといえば

newfile_50_1

出典

http://okmusic.jp/musichubz/artists/63514/images

パパイヤ 鈴木さんが有名です。

これを初めてしった時が小学生だったので

結構ショックを受けた事を覚えています笑

芸能人の皆さんも食べる為キャラクターを

維持されるのは大変なんですね……。

そのわりには時々暴露されてますけど

それも戦略のうちなのか……?

サンタクロースじゃないですが隠すなら

最後まで隠し通してほしいですね。

スポンサードリンク


 

■子役時代と障害

390e9a5408347abfa0cbd382a9b6a5cc

実は加藤さん、子役時代を経験した

芸能界ベテラン俳優だったのです。

デビューはなんと10歳の頃

あっぱれさんま大先生への出演でした。

しかしこれ以降メイン級で有名な作品に

出演する事はなく、無名の日々が続きますが

最近はバラエティなのでそのキャラが評価され

各方面で精力的に活躍されています。

時代が彼に追いついてきたと云う所でしょうか?

今後も芸能界のテッペンをめざして

頑張ってほしいモノですね!

 

さて、最後は障害について。

これはおそらく彼のパンチきいたキャラで

なにかそういったものはあると予想された

方が多かったのでしょう。

なにせ彼の名前で検索すると真っ先に

これが関連ワードとして表示されますから。

しかし実際のところ加藤さんに障害のたぐいが

あることは確認されていません

なにかあれば訂正しますがこの件に関し

当サイトとしてはガセであると判断します。

それではまた次回!バイバイ!

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 396933_615
  2. takahashisaki2
  3. 951436afbd501c96e4f7fdfdca17bd8f-209x300
  4. o019601961289986977791
  5. s-img_11921-610x406
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る