三浦雄一郎の不整脈や息子の教育方針は?エベレストの費用も調査!

この記事は3分で読めます

2fa66ed4

エベレスト最高齢登頂者、三浦 雄一郎さん。

クラーク高校校長も務める稀代の傑物!

不整脈の危険が?息子への教育方針が凄い?

エベレスト登頂費用は1億?噂を調査!

スポンサードリンク

■三浦 雄一郎のプロフィール

2fa66ed4

出典:http://www.yoga-seitai.com/blog/post234/

名前   三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう)

出生   1932年10月12日

出身   日本 青森県青森市

職業

●プロスキーヤー

●登山家

●クラーク記念国際高等学校校長

…etc

最終学歴 北海道大学、同大学院

出典   wikipedia

エベレスト最高齢登頂者、三浦 雄一郎さん。

当時80歳という高齢ながら見事世界最高峰の山を

踏破して見せたその様は日本のみならず

世界中の注目を集め、多くの高齢者に

希望を与えたのではないでしょうか?

「人生50年」とは遥か昔の事、寧ろ現在では

後半戦こそが本番と言えるかも知れません。

そんな三浦さんの

若者すら及ばないバイタリティは凄まじく、

個人的にも見習いたい限りです

 

 

■不整脈とエベレスト費用

photo_01

出典:http://kodomo-ouen.com/interview/02.html

三浦さんの名前をネットで調べるにあたって

気になる単語がいくつか浮上してきました。

ここではまずそのうちの1つ、「不整脈」

ついてみていきたいと思います。

知っての通り、三浦さんは80を超える老体

確かに若者ですら踏破が困難なエベレストに

挑み、見事踏破して見せたからと言って

よる年波にはかないようもありません。実は

これまでに四度、心臓の手術を受けています

病名は心房細動という不整脈の持病

その病状は以下の通り

発症すると不規則な脈が1分間に150回を超える。心房と心室が連動する正常な収縮がなくなり、心房全体が小刻みに震え、心室へ血液が十分に送れなくなり、心臓から血液を送り出す働きが低下する状態

引用元

これだけではすぐさま命にかかわる事は

ありません。が、心臓の機能は約20%低下し

血栓もできやすくなり結果脳梗塞の原因

なることもあるのだとか。さらには

認知症の発生リスクも高まり慢性化すると

少しずつ心臓機能が低下し、心不全発症にも

つながってしまいます。

エベレスト登頂を目指す彼にとって

是非とも治さなければいけない物でした。

ちなみに2012年には不整脈の発症により

6千メートル級の登頂を断念しています。

結果的には四度の手術を経て、登頂するのに

問題ないレベルには回復したようです

完治したのかは不明ですが高齢の方が

発症しやすい病気でありこれまでに

複数回手術を行っている事から今後も

発症の危険は残っているものと思われます。

願わくばこのまま異常が起きない事を……。

スポンサードリンク


次は三浦さんの名前で検索すると

真っ先に浮上する検索候補、

エベレストの登頂にかかった費用です。

三浦さんがエベレスト登頂に向かった人数は

彼自身を含めて18名の大部隊。

メンバーはエベレストに10回は登っている

大ベテランたちで構成されておりさらには

ベースキャンプまでの荷揚げに

数百人のサポーターが雇われた

とも予想されています。

そこから導き出される登頂費用の総額は

なんと1億5千万!※2013年5月

これだけのバックアップがあれば

なるほど確かに最高齢登頂も

出来るのかもしれないと思わせられます。

故に彼の偉業そのものに目を奪われた

高齢者が同じようなそれにチャレンジするのは

資金が無い限りお勧めしません!

当然ですが、一応念の為……笑

ちなみに以上の様なバックアップの存在から

エベレスト登頂を彼の偉業とするのは

間違っているとする声もあるようです。

しかしそれでも80歳でエベレスト登頂を

やり遂げるのは容易なことではなく

故に十分偉業と言っていいのではないかと

私は思います。今後、さらなる挑戦を

するのならば個人的には応援したいです。

しかし、同時に持病の事もありますから

無理だけはしてほしくないですね。

 

 

■息子の教育方針

miura_01

出典:http://www.bayfm.co.jp/flint/20030713.html

画像は三浦さんとエベレスト登頂を

果した事もある彼の息子、父親同様登山家であり、

プロスキーヤーの三浦 豪太さんです。

彼がとあるインタビューや本で語っていた

三浦家の教育方針が面白い、と一部で

話題になっていた為今回はその一部を

とりあげさせて貰います。

なんでも小さいころから三浦さんは息子、つまり

豪太さんに自分を「相棒」と呼ばせていたとか

それは豪太さんが留学する12~3歳まで続けられ

一緒の「遊び仲間」という認識で親子の絆を

築いていったと言います。

子供のころは一緒の遊び仲間で『相棒、コレやろう』『相棒、一緒に海いって蟹つかまえよう』という感覚で接していて、最高の遊び仲間、遊びの達人でしたね。

出典:http://www.bayfm.co.jp/flint/20030713.html

昨今、父や両親と遊ぶという家庭は

少なくなってきているように思います。

しかしそれ故に家族の絆も同時に

薄れてきているのかもしれません。

娯楽にあふれた現代では1人で

全てがまかなえてしまいますからね。

そんな流れとは反対に三浦家の教育方針は

一緒に無邪気になって遊びを考える事が

大切さだとし、子供と一緒に山の中で過ごしたり

何かをやって過ごすことを重要視しています。

子は親の背を見て育つ、といいますがまさに

それを実践していると言って良いでしょう。

とはいえ一部、少々過激な部分もあり、

学校に行かせずスキーの練習をさせたり

象や豹を観れると嘘をつき

キリマンジャロに連れていく(家族旅行)

……等々、一般家庭にはなかなか

とりいれられないぶっ飛んだモノもあり

見習うにしてもほどほどにするべき

教育法だと言えます笑

しかしその骨子に有るものは

決して難しい事ではないので

子供の教育法に悩んでいる方は

検討してみてはいかがでしょうか?

 

■関連記事

132h1

村主章枝がほくろを整形で除去?ホスト好きの噂!熱愛相手は女性?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 132h1
  2. 478024l1-200x300
  3. ZmMSKkY4_400x400
  4. f-sp-121218seto-ns-big
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る