地震が札幌の月寒で?直下型の対処法や避難場所は?確率は震度7!

この記事は4分で読めます

059

北海道で地震は起きる?札幌で大地震の可能性!

月寒断層による直下型地震の対処法はあるのか?

災害時の避難場所や備えについて調査!

最大震度7?気になる防災情報をまとめてみた!

スポンサードリンク

■札幌の地震は震度7?

072-300x210

2011年3月1日に日本を襲った「東日本大震災」

上記の大災害は未だ記憶に新しく

私達日本人の心と記憶、そして生活に

深い傷跡を残していきました。

主に東北地方に大きな被害を及ぼした同災害は

直接的な被害はほぼ無かったものの

最北の地である北海道でさえ

強い揺れを感じる程の規模でした。

私は当時学生でしたがいつもよりも

長く強い地震に恐れを抱いたものです

 

そして2016年4月14日に起きた熊本地震」

東日本大震災の傷跡も完全に癒えない

今の時期に再び起きてしまった大地震。

同地震では最大震度7を記録しており

この記事を書いている今も

連続して地震が起きています。

基本的に熊本の被害ばかりが連日TVで

報道されていますが同時に大分も

震度6弱の地震に襲われており

大きな被害を被っているそうです。

020

日本に住んでいる以上、地震の脅威は

常に身近にあると言っていいでしょう

その為、今まで大きな地震に見舞われる事の

無かった地域であっても油断はできません。

東京でも首都直下型地震が起きる

前々から警告されている事は有名です。

では北海道はどうなのでしょうか?

調査したところ、残念なことに

札幌でも大地震の発生する可能性がある

と予想されている事が判明しました。

しかも予想されている地震の規模は

最大震度7

今回の熊本地震と同等の数値です。

これは札幌市の公式HPにも記載されている情報

私たちの生活に確実に存在する脅威です。

確かに北海道は地震も少なく、一見安全なように

思えますがその実、他県と同様に大地震の

危険を孕んでいると言う事。これは

頭の片隅に置いて置かなければなりません。

次の項目からはどの断層が危険で

どの地域で地震が起きるのかを

詳しく観ていきたいと思います。

 

 

■断層と被害予想地域

059

さて、一口に札幌で地震が起きる、といわれても

具体的にどの断層で起き、それがどの地域なのか

以上がわからなければ備えようもありません。

この項目ではそれらの疑問について

順を追って解説していきたいと思います。

というわけで、まずは下の画像をご覧ください。

地図2図の左からと色がついていますが

これこそ地震発生が予測される断層の位置です。

断層それぞれの名称は以下の通り。

①緑:西札幌背斜に関連する断層(西札幌断層)

②赤:月寒背斜に関連する断層(月寒断層)

③青:野幌丘陵断層帯(野幌丘陵断層帯)

そしてさらに恐ろしい事にこれらの断層で

予想される最大震度はすべて震度7

そしてこのうち、赤で示された断層、

「月寒断層」最も大きな被害をもたらす

と予想されています。

月寒断層が何故最も被害が大きくなるのか

それは地震の発生面積の広さに所以

月寒断層の場合、震度6強以上の発生面積

なんと169km2もあるのです。

※次に広いのが西札幌断層122km2

最後が野幌丘陵断層帯44km2

スポンサードリンク


これらの断層でもし一斉に地震が発生したら……

想像するのも恐ろしい被害となるでしょう。

電気や水道なども止まるでしょうし

アスファルトの隆起等によって

交通が麻痺する事も容易に考えられます。

内地の為、洪水の心配はまずないというのが

救いでしょうか?

※川などが住居の周辺にある人は要注意

どちらにせよ甚大な被害が予想されるので

地震への備えは絶対に必要でしょう。

なので次の項目では地震が起きた場合の

各種「備え」について解説していきます。

 

 

■地震への備え・対処法

019-question_free_image

ではさっそく地震、災害が起きた時の

対処法について解説していきます。

 

①すぐに非難する

大地震が起きた場合、まず間違いなく

避難勧告が発令されます。そうなったら

すみやかに避難してください。

地震は起きたけれどもすぐにおさまった

という場合でも家から避難する事が重要です。

なぜならその後に再び地震が起きて

建物が倒壊する危険性もあるからです

実際、今回の熊本地震でも避難せずに

家で過ごした結果、再び起きた地震によって

命を落とした方もいました

 

②自転車は使うな

避難する際は必ず徒歩で

自転車だと道路や歩道が渋滞してしまい

結果的に自分にとっても、そして周囲にも

マイナスの結果しか齎さないからです。

消火活動や救助活動の邪魔にもなります。

 

③元栓、スイッチ等を切っておく

これは言うまでもありませんが

二次被害を防ぐための備えです。

 

④災害情報の収集

災害時は人も情報も混乱しています。

そのため常に新しい情報を広く

集める必要があります。故に

携帯・スマホ・iPhoneは必須と言えるでしょう。

テレビもラジオも今では携帯1つで

賄える事から災害時の充電には

十分に気を付けてください。

携帯があれば上記の二つだけではなく

各種SNSからも情報を収集できるため

非常に有用だと言えます。しかし

SNSの場合はデマもそれなりの数あるので

基本的にはNHKのニュースを

ネットで確認しておく事をオススメします

 

⑤冬の災害へ備える

災害へ備え日持ちのする食料や飲料水

そして非常時に持ち出せるそれらを

常に確保しておきましょう。

防寒着や使い捨てカイロも必須です。

非常用の持ち出しセットの参考として

こういう物もあります↓

非常用持ち出し袋36点セット

 

そして最後に避難場所ですが

地図2

上の画像を参考に自分の地域に存在する

避難場所をコチラから確認してください。

サイトにアクセスした後は下の手順で

地域別避難場所に飛べます。

ホーム

防災・防犯・消防

災害に備える

どこへ避難するの?

 

以上が、地震が起こる可能性の高い場所。

そして地震災害が起こった場合の対処法と

事前の備え、避難場所の解説でした。

少しでも参考になれたなら幸いです。

それではまた次回!バイバイ!

 

■関連記事

0e07b108-1

イルミナティカードが語るイライザとSiriの謎!和光の時計塔の予言?

TKY201301100561-1-300x151

阿部真奈の出身高校や大学はどこ?経歴やプロフィールを調査!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SHhM-t71_400x400-300x300
  2. img_b64a93d9f7b162f5ab962ed1d091d84e343503-300x225
  3. taguchi_tomoharu-300x300
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る