天草四郎とバチカン!聖女と十字架の謎!正体は殉教者か聖人か!

この記事は3分で読めます

島原の乱で知られる天草四郎

四郎はキリシタン、つまりはキリスト教の信者です

彼をバチカンはどう判断しているのか?

十字架の謎などについて調べてみました!

スポンサードリンク

■天草 四郎とは

photo_amakusa

天草 四郎(あまくさ しろう)、元和7年(1621年)? – 寛永15年2月28日(1638年4月12日)は、江戸時代初期のキリシタン。島原の乱の指導者とされている。 本名は益田四郎(ますだ しろう)。諱は時貞(ときさだ)。洗礼名は当初「ジェロニモ」だったが、一時表向きな棄教をしたためか、島原の乱当時は「フランシスコ」だった。一般には天草四郎時貞という名で知られる。本名は愛知時貞(えち ときさだ)という説もある。

出典:wikipedia

天草 四郎と言えば昨今日本のサブカルに

浸かっている人間には有名な名前だと思います。

サブカル人間の例にもれず、私も

彼の名前を知ったのは巷の創作作品からでした。

「サムライスピリッツ」「魔界転生」

代表的なところですかね?そういえば

最近Fateシリーズにも参戦しました!

 

ちなみにFateにおける天草 四郎のデザインが

遊戯王の「闇マリク」に酷似していることは

ファンの間では有名です笑

 

というわけでキリシタン、キリスト教の信者であった

天草 四郎、島原の乱にて散った彼のことを

バチカンは一体どう考えているでしょうか?

 

 

■バチカンの見解は?

スポンサードリンク


キリスト教カトリックの総本山・ バチカンにおいて

天草 四郎とはどういう存在なのでしょうか?

 

四郎は厳しい年貢の取り立てや

キリシタン迫害に反抗し民のために

一揆の総大将として立ち上がりました。

 

しかし乱は鎮圧され天草四郎は討ち取られました。

見ようによってはキリスト教の弾圧や

圧政に反抗し神の教えのために戦い散った

 

殉教者ないし聖人として

 

認められても良さそうですが、結論から言うと

 

バチカンは天草四郎を聖人とは認めていません。

 

さらにいうならば島原の乱にて幕府に反抗し

一揆に参加した農民の殆どがキリシタンでした。

しかし農民も含め全員が

殉教者とすら認められていません。

というのも

この反乱には有馬・小西両家に仕えた浪人

元々の土着領主である天草氏・志岐氏の与党

なども加わっており、一般的に語られる

「キリシタンの宗教戦争と殉教物語」

というイメージが反乱の一面に過ぎないから。

つまり宗教弾圧以外の面が反乱に存在するため

天草 四郎はじめ反乱に参加したキリシタンは

現在に至るまで殉教者と認められていないのです。

 

 

■聖女の影?

Jeanne d'Arc

一方神の声を聴きシャルル7世をフランス国王

にまでしたが後に異端審問で火刑に処された

「オルレアンの乙女」ことジャンヌ・ダルク

聖女つまり聖人として正式に認められています。

 

この扱いの差……笑

ジャンヌ自身が活躍した百年戦争だって

宗教戦争かと言われたらそうでもない。

しかし神の声を聴いた、とする彼女の登場によって

宗教戦争的意味合いを持つに至ったのは事実。

 

神の声を聴き国を救ったジャンヌは

真の聖人だが一揆のリーダーとして

担ぎ上げられた四郎は偽りの聖人でしかない。

 

……ということなのでしょうか。

なんだか納得はいきませんが四郎が

一揆の大将として担ぎ上げられたのは事実。

あらゆる奇跡を起こしたとされるものの

それもキリシタンが多い一揆参戦者の

士気を高めるための創作である

とするならその通りでしょう。

「ジャンヌもそれは同じだろ?」

なんて私は思っちゃうわけですがどうですかね?笑

 

ですがどちらも神秘的なカリスマがあり

それでもって己が戦力としてではなく

兵や民の心の拠り所として必要とされている事を

自覚していただろう点は共通しています。

そしてそれを二人は見事やってのけています。

東西の聖職者、この二人は不思議と境遇が似ています。

悲劇的な最期も2者の類似性を高めています。

しかしジャンヌは正式に聖人として認められてるので

そこが一番の相違点だと言えますね。

救済された聖者とされなかった聖者、天草 四郎は

聖女ジャンヌの影と言えるのではないでしょうか?

 

 

■十字架の謎?

020-2

出典

天草 四郎の十字架というと財宝隠しの十字架が有名です。

上津浦の山麓の洞窟から黄金の十字架が発見され

十字架に刻まれた謎の暗号文から天草四郎の

軍資金が埋められた場所が判明。天草の苓北町一帯や

有明町の南蛮寺跡など半世紀に渡り捜索されましたが

結局見つけることはできませんでした。

実際に四郎の財宝は存在するのか?

気になるところではありますが徳川埋蔵金と同じで

これ以降も見つからないんだろうと思います。

まあその方がロマンもありますよね!笑

 

■まとめ

 

今回は天草四郎に関しての記事でした。

彼と似通った存在であるジャンヌ・ダルクは

Fate/Apocryphaで天草四郎とは敵対する

陣営として登場しています。まあ物語の構造上

敵役は四郎の方なのですがこの両者の対立を

描いた作品は私の知る限り初なので興味のある方は

購入してみてもいいかもしれません!

それではまた次回!バイバイ!

 

■関連記事

img_4

平 将門と北斗七星の謎!山手線の秘密とは?呪いは実在するのか?

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

Fateに登場するギルガメッシュとは?叙事詩とスサノオ神話の関係!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る