山本尚徳は清水出のピザ職人!ナプレや自店の評価は?本にも注目!

この記事は2分で読めます

世界一のピザ職人と名高い山本 尚徳さん。

彼の経歴やプロフィールを調査!

お店の評判に加え出版した本の評価に注目!

今話題の人物をまとめてみました!

スポンサードリンク

■山本 尚徳のプロフィール

053A_b

画像元

名前 山本 尚徳(やまもと ひさのり)

生年月日 1977年11月22日生

出身   日本 静岡県出身

血液型  A型

08年世界ピッツァ選手権にて、

イタリア人さえ成し遂げていない大会史上初

2年連続優勝を果たした、山本 尚徳さん。

彼はそのことから今や名実ともに

「世界一のピサ職人」と言われています。

1265604705_photo

画像元

そんな彼がピザ職人の道を志したのは

18歳の時、高校卒業と共に親と喧嘩

家を飛び出してきた事から始まります。

若さゆえの行動力と言ったとこですね笑

しかし

静岡の清水にある実家から東京まで

親戚をあてにして単身上京したものの

075

一週間もすぎればお金が尽きてしまいます

そんな時見つけたイタリア料理屋のチラシ

賄い付きの働き口を探していた

山本さんにとってはぴったりの職場でした。

food2

画像元

その後、紆余曲折を経て2005年、

(株)ベラヴィータに入社しナプレに配属

複数店舗の統括料理長を任されるなど

出世していきました。

しかし日々腕を磨き続ける山本さんは

日本国内だけでは飽き足らず

ナポリにまで足を伸ばして修行を積みました。

 

二カ国を往復する生活が続いて2年が経ち

2007年ナポリで開催された

「Wolrd Pizza Cup 2007(世界ピッツァ選手権)」

に出場した彼はオリジナル部門第1位

日本人初の総合優勝を達成!

114

さらに翌年も同大会でオリジナル部門優勝と

芸術部門特別賞の2冠を達成しました。

2009年にも同大会で入賞を飾り、史上初

3年連続入賞という記録を打ち立てました!

SNsZdBGdQXZVJKY

画像元

その腕前は国内でも知られるものとなり

「徹子の部屋」にも出演。話題を呼びました。

ちなみにこの年、(株)ベラヴィータ社を退社し

長い間腕を振るっていたナプレを去ります。

スポンサードリンク


 そして翌年2010年に待望の自らの店

hqdefault

画像元

「 Pizzeria e trattoria da ISA」

(ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ)

を中目黒にオープン!

「世界一のピサ職人」のお店ということで

連日お客が絶えないといいます。

世界一の称号と己の店を得た山本さんも

この道の出発点には“親との喧嘩”

というありふれた理由がありました。

「人生なにがあるかわからない」

とはよく言ったものですね笑

 

 

■お店について

12934_9

画像元

山本さんがオープンした待望の自店

「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」

ここでは同店の情報をまとめてみました。

 

●地図

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-28-9 1F
Tel&Fax: 03-5768-3739

引用

●営業時間

 ランチタイム 平日 11:30~14:00 土日 11:30~14:00

ディナータイム 17:30~21:45(L.O) L.O. CLOSE 22:30

定休日 月曜日

引用

 ●評価

efwef

画像元

食べログでは3.68と高評価。

口コミも「ピッツァは間違いなく美味しい」

と多くの人に太鼓判を押されています。

さすがは世界一のピザ職人のお店!

私も東京に行く機会があれば

ぜひここで食事をしたいものです!

 

 

■本について

a0135581_0263524

画像元

山本さんはこれまでに数冊の本を

出版していますが今回は

講談社から発売されている

「ダ イーサへようこそ!」

について調査しました。

 

内容は自伝などではなくレシピ本

家庭でできるナポリ風イタリアン

紹介されており、主婦必見の内容!

彼氏がいる女性にも有用ではないでしょうか?

 

アマゾンでの評価はなんと星5つ!

満点の評価をされている傑作本です。

興味のある方は購入を検討されてみては?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 29f38c41-219x300
  2. UM7tF-291x300
  3. photo-300x300
  4. peo1008101634000-p1-192x300
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る