デービッド・アトキンソンの学歴や経歴は?元アナリストに注目!

この記事は3分で読めます

201501_079_1-197x300

小西美術工藝の社長、デービッド・アトキンソン。

彼の学歴や驚きの経歴などを調査!

伝説の金融アナリストの視点から見る日本とは?

今話題の人物についてまとめてみました!

スポンサードリンク

■デービッド・アトキンソンのプロフィール

201501_079_1

画像元

出生 1965年

出身 英国

出典

300年を越える歴史を誇る小西美術工藝

その会長兼社長がデービッド・アトキンソン氏。

英国人でありながら日本文化に傾倒し

中でも茶道に最も精力的に取り組んでいます。

その実力は非常に高く、99年に裏千家に入門

06年には茶名「宗真」を拝受されるほど。

public_image_1_1010010548580

画像元

茶名は上から2番目の実力者に許される称号で

利休以来の通字である

「宗」を含んだ名前を名乗る許可。また同時に

正引次までの許状の取次ができる資格です。

人に物を教えるレベルまで茶道を極めている

という事ですね。いやはや英国人でありながら

これほど日本文化に通じているとは……

その熱意には敬服するほかありません。

個人的には彼の様な人物に好感を持つと同時に

本来生粋の日本人でありながらも

日本文化に疎い自分を恥ずかしく思います。

やはり、自身の国の伝統的な文化くらい

最低限把握しておくべきでしょう。

時間を見つけて勉強したいと思いました。

 

 

■学歴

photo01

ここではデービット氏の学歴を

見ていきたいと思います。

083

彼の出身大学はなんとオックスフォード大学

世界大学ランキングでも常に上位に位置する

世界的にレベルの高い大学です。

東大より遥かに高い位置にランクインしており

そのことからもオックスフォードがどれだけ

難関大学なのか、わかるというものです。

大学以前の学歴は残念ながらわかりませんでした。

しかしオックスフォードに入学するほどの

ハイレベルな高校に通っていた事は

間違いないと思われます。

 

 

■経歴

072-300x210

さて、次は経歴です。

以下は簡単な年表になります。

1965年 イギリス生まれ

1987年 米系コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング入社、ロンドンからニューヨークに転勤

1990年 来日。ソロモンブラザーズ証券会社入社(銀行アナリスト)

1992年 ゴールドマン・サックス証券会社入社

1998年 Managing director(取締役と同意)

2006年 Partner(共同出資者)

2007年 ゴールドマン・サックス証券会社退職

2009年 小西美術工藝社入社、取締役就任

2010年 小西美術工藝社代表取締役会就任

2011年 小西美術工藝社代表取締役会長兼社長就

出典

ざっと年表を眺めただけでも

デービット氏の優秀さが伺えますね。

sp07

画像元

彼は現在、日本の文化遺産を補修する

小西美術工藝の社長を務めていますが以前は

「伝説の金融アナリスト」とまで呼ばれ

銀行業界に大論争を巻き起こしました。

mo_a14

というのも当時日本の銀行が抱えた不良債権

総額20兆円を超えるそれを暴いた人物なのです。

当然銀行側から多くの批判を受けましたが

実際に彼が告発した内容が正しかったことが

後に認められ「伝説の」と称されることに。

001

画像元

そして現在、上にも書きましたが

彼は300余年の歴史を持つ

小西美術工藝の社長業についています。

どういう会社なのかというと国宝などの

日本の重要文化財を補修する会社です。

スポンサードリンク


昨今我国の文化文化財が世界遺産等に

続々と登録されています。その裏には

オリンピック開催までにできるだけ

観光地としての価値を高めておきたい

という思惑があるのでしょう。

6e786c5d2fcc45088be7a9deafbe31fb

それ以外にも長く続く日本の不景気

これを回復するための手段として

観光立国になろうとしていると思われます。

そうした国の思惑を考えると

小西美術工藝の持つ役割というのは

非常に重要なものだと言えます。

AS20140402002591_comm

画像元

しかしデービット氏によると

日本は観光立国になるための重要な資源

つまりは豊富な文化財を全く利用できていない

と語り「宝の持ち腐れ」とまで言います。

例えば海外の文化財には

●外国語の音声端末の貸し出しサービス

●専門ガイド

●高齢者による味のあるシルバーガイド

などが当たり前に揃えられている上に

Versailles_Palace

画像元

フランスのベルサイユ宮殿などは

イベントでの貸し出しなども行なっているのです。

つまりは文化財が本来もつ魅力を最大限

観光客に伝えていく努力をしているという事。

l_020

こういったことをするためには

後にも先にもお金が必要なのでが

日本はこれに全く予算をだしていません

もちろん本当にびた一文も出していない

というわけでは勿論ないのですが

イギリス等の観光立国と比べると

桁が一つも二つもたりないのです。

20141205202900omo

画像元

それらを改善すれば実に40兆円を越える

経済効果になる、とデービット氏は計算します。

 

日本人であるがゆえの凝り固まった思考から

なかなかたどり着けない答えを

冷静な視点をもって導き出すデービット氏。

彼こそは今後の日本経済の復活を担う

キーパーソンの一人であると言えましょう。

 

 

■まとめ

 

 

今回は元伝説の金融アナリスト

デービット・アトキンソン氏の記事でした。

日本の文化に傾倒しながらも決して

その視点をぶれさせることをせず

冷静に日本社会の歪みをつくその有能さ

私のような凡人にはまさしく

雲の上の人物と言えるでしょう。

しかし彼の冷静で客観的な視点と思考力は

見習える部分だと思えます。

今後参考にして行きたいと思いました。

それではまた次回!バイバイ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0357047610387870662-225x300
  2. TKY201301100561-1-300x151
  3. nokko1-300x180
  4. 716_1218701731_l
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る