西畠清順の経歴や学歴を調査!嫁や娘は?花宇五代目社長に注目!

この記事は3分で読めます

seijun-300x300

プラントハンター、西畠 清順さん。

彼の学歴や経歴を調査!

さらに結婚相手や娘の有無に注目!

卸問屋花宇の五代目社長を調査してみた!

スポンサードリンク

■西畠 清順のプロフィール

seijun

画像元

名前 西畠 清順(にしはた せいじゅん)

出生 1980年

出身 兵庫県川西市

出典

プラントハンターにして

花と植木の御問屋「花宇」の主、西畠 清順さん。

花宇とは幕末から150年続く、歴史ある御問屋。

西畠さんはそこの五代目社長にあたります。

homeimg4

画像元

日本の歴史ある老舗といえばどことなく

「閉鎖的」というイメージがある物。

いえ、日本に限らず老舗とは往々にして

そういう側面を持つように思います。

しかし花宇は一味違います。

4o0600040011135899891

というより西畠さんが特殊なのかもしれません。

プラントハンターの名に恥じず、彼は

国内外問わず赴いて植物を収集しているのです。

今まで収集した植物は実に数千種類に及ぶとか。

それだけ多くの植物を手元に置いていることから

国内はもとより海外からの依頼に答えており

年間の案件は2000件を超える、と言います。

large

画像元

この数字は業界でも圧倒的であり

日本が輸入している園芸用の巨木のうち

約90%が花宇のものだという事からも

彼の手腕の凄まじさが分かります。

言い方は悪いかもしれませんがこれほど

独占的に市場を支配している企業は

世界でもまれではないでしょうか?

しかも150年と言う歴史の重みまであるのですから

信頼性も高く、よほどの事が無い限り

今後も仕事が絶える事はないと思われます。

故に個人的には西畠さんの次の代へ期待と不安が

つのりますが……今回はそんな西畠さんの

情報と次世代を担う可能性がある

子供についても調査してみました。

 

 

■学歴・経歴

072-300x210

ほぼ独占に近い形で業界に君臨する西畠さん。

もともと彼の家系、つまり先祖代々受け継いだ

花宇という会社の歴史と言うのもあるでしょう。

しかし花宇の事業を今ほどまで世界的に

拡大させたのは間違いなく西畠さんの実力。

ではそんな彼の出身校はどこなのか?

083

調査してみましたが特定はできませんでした。

とはいえ彼が元は植物などには興味のない

野球少年だった事と高卒である事が分かりました。

高校を卒業した後はオーストラリアへ語学留学

学校に通いながらもサーフィンに打ち込んだとか。

ということで意外な事に西畠さんは高卒でした。

pic0001

画像元

当サイトでは彼以外にも高卒ながら成功した

才あふれる方々を記事にしてきました。

そんな方々に共通してみられる特徴とは

「遊び心を忘れない」という点。

物事をスムーズに行う為には適度な遊びも

必要不可欠だと言う事ですね。

greendress_img_about

画像元

さて既に上で語りましたが西畠さんは

元々野球少年で植物には興味のない少年でした。

彼の実家の性質上、生まれたときから

身近にあるものに興味を持てと言うのも

中々難しい問題です。

fbf9a1f38d7fe33605997bf534d56c0d

画像元

(※ネペンセス・ラジャ)

しかし転機は西畠さんが21歳のときに訪れます。

バックパッカーのまねごとをしていた彼は

東南アジアのボルネオ島で世界最大の食虫植物

「ネペンセス・ラジャ」に出会います。

この時の事を西畠さんは

「捕虫器の縁が真っ赤に光っていて。一目でバッツーンと心が奪われたよ。植物おもろいなと」

出典

と語っています。

この出会いから植物に興味をもち

日本に帰国してから「花宇」に入社

数年父の下で厳しい下働きを経験した後

五代目社長として花宇を継ぐ事になりました。

スポンサードリンク


人に歴史あり、と言いますがこうして

プロフェッショナルの経歴を知ると

その行動力や感性の鋭さに驚かされます。

私は出不精なため海外にまで気軽に

足を運ぶその身軽さは見習いたいところです。

 

 

■嫁や娘は?

l_053

プラントハンターとして世界を旅する西畠さん。

自宅を留守にする事も多いと思いますが

嫁や娘はいるのでしょうか?

033

調査した所どちらも居ました!

妻と子供が1人。

子供の名前は「随(まま)」

2014年の3月に生まれた子供で

名前から恐らく女の子だと思われます。

名前の由来は

“あるがまま”“ありのまま”の

「まま」を取り、つけれられました。

 

奥さんの名前は不明です。

しかし旧姓は判明しています。

「オサメユキ」という植物があるのですが

これは奥さんの旧姓を元につけられた名前

1At1AB1A1A1Af1A1A1Ah1A1A1A1A1A401Ah1AI1AT1A1A1A1A1AL1Ah

画像元

(※オサメユキ)

上の画像でも分かるように雪の様な白い葉を持つ

観葉植物で西畠さんが発見し名付けました。

おそらく「オサメ(旧姓)」+「ユキ(葉の色)」

から来ているのだと思われます。

自分の奥さんの旧姓を新種の植物に残すとは

なんともロンマンチックな方ですね。

海外を放浪している頃に身に付けたのでしょうか笑

私生活、仕事ともに充実しているようで

今後の活躍に、より一層の注目が集まりますね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1_3c8ecjximvac813u7o9b9
  2. img_5165
  3. picInt_10-300x172
  4. pic110623002-225x300
    • 熊本の弟子(お父さんの1番、、)です!
    • 2016年 6月19日

    奥さんの『おさめ』(旧姓)ですが?一人娘で、此の苗字が途絶えるのを本当に、『残念』で申し訳ない!と言う処から『植物』(新品種)に名前を残す事で許して頂けないか?と言う思いから『おさめゆき』と命名したと聞いて居りますが?

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る