加藤峻二の獲得賞金は16億!73歳最年長選手の学歴や引退を調査!

この記事は2分で読めます

ボートレーサー加藤峻二さん73歳。

その生涯獲得賞金額はなんと16億以上?

学歴や引退の理由に迫る!

今話題の最年長レーサーを調査した!

スポンサードリンク

■加藤 峻二のプロフィール

1485

国籍   日本

出身地  埼玉県

生年月日 1942年1月12日(73歳)

身長   163cm

体重   50kg

血液型  A型

所属   埼玉支部

出典   wikipedia

最年長ボートレーサー加藤 峻二さん。

わざわざ説明するまでもない事ですが

アスリートとは体が資本

故に基本、年齢的に若い方

試合に挑む際有利になるのは必然です。

私もとあるスポーツを中学から始めたのですが

やはり幼い頃から練習をしている人達に

試合で勝つことはできませんでした。

それに実際そういう人たちの中には

現在プロの世界で活躍している人も多く

場合によっては世界にまで飛び立っています。

d4097-65-869584-0

画像元

しかしボートレースは比較的選手寿命が長く

トップレーサーの殆どが30~40代と言うのが普通

若さが絶対の条件ではなくどちらかといえば

キャリア、経験が重要となる競技なのです。

だからといってさすがに50代半ばを越えれば

衰えは顕著に現れますし60歳を越えれば

殆どの選手が引退していくと言うのが普通です。

b24850634e59db9d347b2fd47e171622-thumb

画像元

そんな中、加藤選手の年齢は驚愕の73歳

ボートレースは“比較的選手寿命が長い”

と既に語りましたがそれを踏まえて尚

この年齢は異常であり一部では

「走る人間国宝」とまで称されています。

 

 

■学歴

083

加藤さんのボートレーサーとしてのデビューは

1959年7月24日、この時彼は17歳

高校2年生の頃にデビューした事になりますが

実際は当時加藤さんが通っていた高校

埼玉県立小鹿野高等学校を2年で中退

レーサーとしてデビューしたのです。

c73029c1828e23181d3555e6a8582080-thumb

画像元

つまり彼の最終学歴は中卒となります。

しかし半世紀以上現役として活躍

この業界の行ける伝説として君臨しています。

時代とも言えますが学歴だけが

人生を左右する物ではない事の

生ける証人と言えるでしょう。

 

 

■生涯獲得賞金

mo_a14

半世紀を超えるほど長い時間

ボートレーサーとして活躍してきた加藤さん。

2013年3月25日、戸田競艇場で

最年長優勝記録を更新しており

その回数はなんと120回

優勝記録を更新した当時の動画

20120705-1re

画像元

記録から考えて彼が獲得してきた賞金額

非常に膨大なものだと考えていいでしょう。

ではその気になる生涯獲得賞金額は……

033

16億1127万4463円!!

(※2013年3月26日当時時点)

億は超えていると思っていましたが

16億までとは思いもよりませんでした。

これで引退後も安泰でしょうね。

思わず1億くらいくれません?などと

失礼ながら思ってしまいました笑

ちなみに余談ではありますが

全レーサーの平均年収は

1600万だと言われます。

スポンサードリンク


 

■73歳で引退を決意

fgdgrghr

画像元

現役最年長ボートレーサーの加藤峻二 件選手(73=埼玉)が7日、現役引退を表明した。 「戸田の初日でなぜフライングしてしまったのか、いまだに信じられない。この気持ちのままで、とてもレースは続けられないと思って引退を決断した。今後は特に予定はない。年も年なので、ゆっくり休みたい」と会見で語った。

出典

最年長レーサーとして長い間

ボートレースを盛り上げてきた加藤さんですが

今日、5月7日に引退を発表されました。

理由としては戸田開催に出走した際

初日にフライングを約15年ぶりに切った為

ちなみにラストランとなった2Rの結果は

見事1着で飾っています

 

結果だけを見ると、まだまだ

現役で活躍できるのでは?

と素人の私などは愚行してしまう所ですが

加藤さんはこのフライングに関して

021

「なぜだかわからない」

と語っており、恐らくですが

彼の長い現役生活の中で

前例のない出来事だったのでしょう。

そして「年も年だし」とも語っているので

いいきっかけと判断し引退を決断したと。

少し残念な気もしますが普通ならば

既に引退していておかしくない年齢

今後は闘いの場から遠ざかり

ゆっくり休んでいただきたいですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. peo1008101634000-p1-192x300
  2. takeda
  3. interview_img4-300x269
  4. c299925997bf6bc3e27bedbdd12bd5b1
  5. EntryImage-300x288
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る