甲斐智陽が胡散臭い?本名は高橋茂!評判や裁判の行方は?

この記事は2分で読めます

疑惑の演出・脚本家の甲斐 智陽さん。

ネットでは胡散臭いとの噂!

本名は高橋茂で評判も最悪?

裁判の行方など調査してみました!

スポンサードリンク

■甲斐 智陽のプロフィール

48_large

演出、脚本家でもある甲斐 智陽さん。

本名は高橋 茂ですがそれ以外の情報は

wikiにも記載されていない謎の人物。

しかし現在ネットは彼の話題で持ちきりです。

なぜならあの、

anna

土屋 アンナさんと裁判で争っているからです。

wikiに記載されている甲斐さんの情報は

9割方裁判の内容で埋まっており

彼個人の情報は1割程度と言う事態。

しかも編集した人間が土屋さん側の人物だったのか

内容は中立性に欠けており完全に

「悪いのは甲斐 智陽」といった書き方。

033

確かに一般人でも編集できるのが

wikipediaのいいところではありますが

あまりにも一方的な記載には

首をかしげざるをえません。

 

 

■「胡散臭い?」

046

前述の通りwikiの一方的な記載に

疑問を覚えた私は早速、甲斐さんについて

まずは名前から検索してみました。

072

すると候補に出てきた単語は

「胡散臭い」

……うーん嫌われた物ですね苦笑

どう胡散臭いのかと言うと彼は

011kai

人気小説の権利をいくつか持っている、と

たびたび自慢げに語っていたようですが

少なくとも裁判の争点となっていた

default_0232ef762bc6e19b0ef903d7ea54f464

画像元

「日本一ヘタな歌手」については

持っていませんでしたし、にもかかわらず

無理やり舞台化に踏み切ろうとまでしました

この舞台の主役が

20130729201425

画像元

土屋 アンナさんだったのです。

しかし原作者からこの舞台化について

「承諾してない」「台本も見てない」

との連絡を受けていた事に加え

甲斐さん側から事前に「共演者は坂口憲二」

と知らされていたがそのような事実がなった事

他にも不可解な事が多かったことから

稽古をボイコットします。

スポンサードリンク


さらにオーディションが有料

出演する際の条件としてチケツトノルマ

100人分を言い渡されたりなど

mo_a14

お金に関する不可解な事が多く

成程確かに「胡散臭い」!笑

48_large

ネットでの評判も悲惨なものが多く

彼が起こしたトラブルの大半の責任は

彼自身ににあるのではないでしょうか?

 

 

■裁判の行方

033

13年に上演中止になった舞台「誓い~奇跡のシンガー」の主演だった歌手土屋アンナ(31)に約3000万円の損害賠償を求めた裁判が27日、東京地裁で行われ、原告のプロデューサー甲斐智陽氏(63)が、アンナ側に名誉毀損(きそん)で訴えられていることが同日、分かった。

出典

前の項目で触れたとおり甲斐さんは

「日本一ヘタな歌手」の舞台化を

原作者の許可を得ずに進めました。

p1

結果、主演の土屋さんが事情を

原作者から聞き、稽古を放棄

そのせいで舞台が中止に追い込まれた

として甲斐さんが土屋さんを訴えた裁判

これは12月に土屋さん側が甲斐さんに

200万円を払う和解案が提示された事で

一時決着したようにみえました。

anna

しかし和解案の提案された前後に

土屋さん側から名誉毀損

約1000万の損害賠償

甲斐さん側に求めて提訴しました。

130729-109

※まだ関係が良好だった頃の二人

理由としては甲斐さんの行動に有ります。

彼は昨年初めに「ANNA」という曲を作り

「ANNAはどうしようもない女」

「すっぴんはしわだらけ」

などという歌詞で、夏にyoutube上に

「実在の人物とは無関係」

というテロップ入りで流したのです。

099

子供か!

と思わず叫んでしまいたくなるような

驚くべき行動を起こした甲斐さんですが

彼はこの件について

「しゃれで作っただけ。レコーディングして8月の僕の誕生日ライブで歌ったけど、ユーチューブも2日で削除した。本人と特定したわけじゃないのに名誉毀損なんておかしいよ」

出典

と反論しています。

これにより2つの裁判が同時審理となり

土屋さんと所属事務所社長でもある母親

さらに甲斐氏の3人の尋問が行われる、

という可能性も高くなりました。

 

皆さんはこの案件、どちらが悪いと思いますか?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 0321-300x225
  2. cast_konno-300x186
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る