上野竜太郎のマニフェストは?8000円の選挙費で1399票獲得も落選!

この記事は2分で読めます

ひきこもりの元ニート、上野 竜太郎さん。

千葉市議会に立候補も落選!

しかし結果は1399票と大検討!

選挙費8000円で実現したかったマニフェストとは?

スポンサードリンク

■上野 竜太郎のプロフィール

aa5baadb

画像元

千葉市議会議員選挙立候補者の上野 竜太郎さん。

「ニート25才」で一部ではお馴染ですね。

上野竜太郎のtwitter

上野竜太郎のブログ

 

彼はどこの政党に属することなく

無所属で立候補し選挙戦に挑みました。

結果として落選してしまったものの

彼の行いはネットで高く評価され

現在話題沸騰中の人物です。

neet_man

画像元

彼は元ひきこもりでニートという

現在社会の抱える問題を具現した存在でした。

そんな彼がひきこもりを脱却し

さらには選挙に立候補するにいたるまで

一体どれほどの決意が必要だったのか。

149 (1)

私などには想像すらできませんが

彼は立派に選挙に挑み最後まで進み続けました。

そもそも選挙に立候補するなんて事は

普通に生きてきたとしても

そうそう出来る物ではありません。

元ニート等と言って馬鹿になんて出来ないほど

彼は立派に戦いぬいたと思います。

 

 

■マニフェストは?

072

市議会に立候補したと言う事は

彼は彼なりに社会を変えたいという

強い意志とビジョンがあったはずです。

それはいったい何だったのでしょうか?

neet_man

画像元

彼は元ひきこもりのニートでした。

なんと中学生のころから

10年ひきこもっていたのです。

つまり学歴は当然、職歴すらありません

020

一般社会からつまはじきにされ、時には

侮蔑をもって嘲笑すらされる存在でした。

ではなぜ彼は市議会選になど立候補したのか。

スポンサードリンク


今日本には彼と同じ経験をしている人

つまりひきこもりやニートが

約60万人いると言われています。

上野さんはその人たちの為に立ち上がったのです。

083

彼には学歴も職歴もないですし

053

友人や恋人との恋愛経験すらないと言います。

しかし10年間ひきこもっていたという経験と、

同様の人間が日本に60万人いるという現実。

普通の政治家には決して持ちえないものが

彼にはあったし、認識していない事を

上野さんは実感として分かっていました。

092

だからこそ彼は立ち上がり

「弱者の為の政策」をしたかったのでしょう。

一般人には軽蔑されるような生き方を

してきた人たちに寄り添おうとする

彼を私は個人的に応援していました。

127

惜しくも選挙には落選していましましたが

彼の行動が誰かに影響を与えているなら

上野さんの挑戦も無駄ではなかった筈です。

 

 

■選挙費と結果

hpk7IQvj

画像元

数々の立候補者が選挙を勝ち抜くために

選挙カーやポスターに街頭演説など

様々な選挙活動をします。

その総額は少なくとも100万円はかかります。

 

そこを上野さんは自分一人でポスターを張る

選挙カーを使わず闘う、と言った方法で

なんと選挙費を8000円にまで抑えました。

 

結果的に落選してしまったとはいえ

a95a1afd

1399票を獲得し15人中12位

元ひきこもりのニートとは考えられない

大健闘をしたと言えるでしょう。

彼の思想や行動がこれだけの人に

届いたのだと考えると感慨深いですね。

 

個人的には当選してほしい人物でしたが

やはり有権者の大半が高齢の現代において

彼のように職歴が無くさらにはニート、

と言う肩書きの人間には政治を任せよう

などと思える人物は少数なのでしょう。

それでも上野さんが大健闘したのは

彼を支持する若年層がいたからこそ。

もしかすると高齢層も少ないながら

彼に投票してくれていたかもしれません。

 

今回は落選してしまったものの

今後再び彼が立ち上がる事を願います。

それは政治にだけではなく社会的にも

上野さんが復帰できればいいなと

私はお節介にも祈ってしまいました笑

新卒至上主義の現代日本でホワイト企業に

就職するのは非常に難しいですが

彼の見せた行動力があればそれも

なんとかなるような気もします。

それでは今日はこの辺で!

また次回!バイバイ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20110116_1796737-255x300
  2. picInt_10-300x172
  3. peo1008101634000-p1-192x300
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る