神永大輔(和楽器バンド)の出身高校や大学は?年齢や経歴も調査!

この記事は3分で読めます

ニコ動で有名な和楽器バンドの神永 大輔さん.

彼の出身地は?更に高校や大学はどこ?

年齢等のプロフィールもチェック!

有名尺八奏者の情報を調査してみました!

■神永 大輔のプロフィール

 

出生    1985年8月17日

出身地   日本、福島県いわき市

学歴    千葉大学文学部

職業    ミュージシャン、尺八奏者、講師

担当楽器  尺八

共同作業者 和楽器バンド

出典    wikipedia

ニコニコ動画で圧倒的支持を受けている

「和楽器バンド」のメンバーで

尺八担当の神永 大輔さん。

中々強面なビジュアルをしていますが

その実、和楽器を嗜み日本の古き良き

文化を大切にする礼儀正しい人物です。

「人は外見で判断してはならない」とは

彼のような人を指すのでしょうね。

 

さて、そもそも和楽器バンドとは何ぞや?

という方も少なくないでしょう。

和楽器バンドとは以下のようなバンドです。

和楽器バンド(わがっきばんど)は、日本の8人組ロックバンド。

尺八・筝・三味線・和太鼓の和楽器に、ギター・ベース・ドラムの洋楽器を加え、詩吟の師範がボーカルを担当するという編成である。

出典 wikipedia

ギター等の洋楽器和楽器を融合させたバンド。

ニコニコ動画で数々のボカロ曲のカヴァーを発表し

動画の再生数はなんと数百万再生を記録!

さらにyoutubeでの「千本桜」の再生数は

1000万再生を越えているのです。

件の千本桜の動画はこちら↓

カッコイイですねえ~!

私は以前より和楽器バンドの曲を

ニコニコ動画などで視聴しており

完成度の高いバンドの世界観の虜になりました。

youyubeやニコニコ動画には

公式動画が多数アップされているので

興味を持った方は是非聴いてみてください。

スポンサーリンク


 

 

■学歴は?

神永さんの学歴は以下の通りです。

 

●2004年

福島県立磐城高等学校卒業

●2008年

千葉大学文学部日本文学科

ユーラシア言語文化講座卒業

 

彼の出身高校である磐城高等学校は

軍人政治家、さらに芸能界など

実に多くの業界に卒業生を輩出しています。

そして彼もその著名なOBの一人だと言う事です。

とはいえ彼の所属する和楽器バンドは

未だ日本に置いてメジャーであるとは

言い切れないかもしれません。

 

一方でyoutubeや海外ライブを通して

外国の方々にもその名が知れ渡り、

バンドの音楽性が評価されています。

日本と海外合わせての知名度なら

そんじょそこらのJPOPシンガーを

上回る可能性もあるでしょう。

 

さすがは「和」をウリにしたバンド。

国の特色を上手く活かし、現代風に

スタイリッシュに仕上げた同バンドの

今後が気になりますね!

 

 

■年齢や経歴

1985年8月17日生まれの神永さんは

現在※29歳です。(※記事作成当時)

まだまだ若いですが坊主頭の影響か

実年齢より若干上に見えますね笑

しかし顔の造形は整っていて男らしく

十分イケメンと言えるのではないでしょうか。

 

 

次は彼の経歴ですが神永さんは幼少のころから

音楽に慣れ親しんで育ってきました。

5歳の頃からピアノを習い尺八に出会ったのは18歳

成人を目の前にして習い始めたものの

曽我 哲山さんや米国出身日本在住の尺八奏者

クリストファー遙盟さんに加え

小湊 昭尚さん等各師に師事。

都山流、琴古流それぞれの奏法を学びました。

 

そしてレベルの高い師に師事された事により

114

都山流尺八准師範検定試験で

師範検定試験ともに首席登第

元々備えていた音楽的素養もあったのでしょう。

その後は2007年頃から都内を中心に

ライブ活動を開始し10カ国以上での

海外公演の経験もある立派な尺八奏者に成長。

 

一方で尺八講師としても活動していて

 

都内に教室を持つほか複数の大学教育機関等で

講義を行っています。彼の教え子から

新たな尺八奏者が誕生していくのでしょうね。

近年軽視されがちな日本の伝統文化ですが

神永さんの様な若い方々が歴史を絶やさぬよう

今後も日本や世界に広めていってほしいですね。

 

 

■まとめ

 

 

今回は神永 大輔さんの記事でした。

和楽器バンドは4月3日放送の

Mステーションに出演されるので

興味のあるかたはチェックしてみてください。

それではまた次回!バイバイ!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る