なべやかんは親の七光り?怪獣コレクターでベンチプレスの王者!

この記事は3分で読めます

なべやかんが芸能界に入れたのは親のおかげ?

実は怪獣コレクターの一面も!

ベンチプレスの王者?等気になる話題を調査!

■なべやかんのプロフィール

本名   渡辺 心

生年月日 1970年8月22日(44歳)

出身地  日本・東京都

事務所  オフィス北野

他の活動 パワーリフティング

配偶者  妻

親族   なべおさみ(父) 笹るみ子(母)

出典   wikipedia

何かと噂の絶えないなべやかんさん。

彼の替え玉事件の話は皆さんの中にも

聞き覚えのある方がいらっしゃるのでは?

まあ個人的には世代でないこともあって

私自身は彼の事を全く知りませんでした笑

083

替え玉事件とは彼の父親であるなべおさみ

なべやかんさんの代わりに違う人間に

試験を受けさせた、という事件です。

所謂裏口入学の様なものですね。

 

結果合格したものの替え玉の写真

なべやかんさんの顔が全く似てなかったので

l_010

あえなくウソがばれ事件は表ざたになりました。

よくよく考えてみれば当たり前なのですが笑

個人的にはこれも一種の天罰なのか、

なんて風に思いました。やはり

あるゆる物事に人は誠実でなくては……。

 

その後紆余曲折を経たのち彼は芸能界に入り

現在に至るわけなのですが……

そもそも芸能界入りも親の力があったとか?

スポンサーリンク


 

 

■親の七光りで芸能界入り

072

替え玉事件のおかげでなべやかんさんと

当然ながら父であるなべおさみさんは

世間から強くバッシングされました。

いまでいうところの炎上状態に!

これが現在起きた出来事ならば

ある程度笑いに昇華する事も

出来た可能性もありますが

当時は今以上にTVの力が強かった時代。

マスコミや関係者の言う事を鵜呑みにし

彼ら親子を叩くものが後を絶ちませんでした。

まあ、とはいえ替え玉受験自体は本当なので

それは言い逃れできないのですが……。

123

というわけで必然的におさみさんの

TV仕事はすべて消失し収入はゼロに。

このままでは家族みんなが路頭に迷う……

そこでおさみさんは息子の庇護・師事を

由利徹さんに求めました。これにより

「付け人として由利のもろもろの世話をする」

という形でやかんさんの芸能界生活がスタート

その後はたけし軍団に入ることになります。

 

替え玉受験(親の力)で大学に合格しようとした

やかんさんが又も親の力で芸能界入りした事で

当然「親の七光かよ」という声が挙がりました。

 

実際のところ確かに芸能界に入った切っ掛け

それそのものは親の七光りでしかないです。

しかし現在までこの世界で生き残ってこれたのは

やかんさんの実力です。

なので、彼自身の実力も

そうそう侮れた物ではないと思いますよ。

 

 

■怪獣コレクター?

c710f521

画像元

本人のブログ なべやかんだ!! より引用

※自慢のゴジラのソフビコレクション

 

やかんさんは怪獣コレクターの一面があります。

画像を見ればわかるとおり怪獣のソフビ人形

集めるのが好きなコレクターなのです。

本を出すほどの熱の入れようは本物!

私も昔はゴジラの人形とか好きでしたねー。

なんだかああいう玩具て思わず蒐集してしまう

魔力みたいなものがある気がします笑

 

「なべやかんホビー館 Powered by Ameba 」

↑ここで彼のコレクションを観る事ができます。

a74f9ec3

画像元

本人のブログ なべやかんだ!! より引用

一度チェックしてもいいかもしれませんよ。

それにしても一度は替え玉受験で世間を騒がせ

一家全員が路頭に迷う寸前まで追いつめられた

やかんさんが今ではこれだけソフビ人形を

コレクション出来ているというのは

ある種の感動を覚えます。コレクションには

おそらくそれなりに高価なものも

含まれているでしょうしそれを山ほど

集める事が出来る財力が今はある。

現在の彼は己の力で立派な芸能人になったのだと

私たちに感じさせてくれますね。

スポンサーリンク


 

 

■元日本代表?ベンチプレスの王者!

114

 

なべやかんさん実は意外とマッチョなのです。

パワーリフティングに傾倒し世界選手権に

日本代表として出場しています!

 

1998年に「アジアベンチプレス大会」で優勝!

1998年および1999年の

「世界パワーリフティング選手権」の

ベンチプレス種目での準優勝など……

国際大会で活躍していた実績を持ちます。

ベンチプレスでは147.5kgの日本記録保持者!

すごい!七光りなんてもう言えませんね!

本人は

「自分の種目は人が少ないから勝てただけ」

と謙遜していますが世界で闘う時点で

凄まじい能力です。尊敬しちゃいますね……。

 

■まとめ

 

今回はなべやかんさんの記事でした。

いかがでしたでしょうか?

始まりこそあまりいいものではなかった

やかんさんですがその後は相応しいだけの

実力をつけてきて生き残っています。

私も尊敬したいなと思いました。

それではまた次回!バイバイ!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて



はじめまして、「徒然サブカル日記」の管理人、『サブかる』です。
当サイトはその名の通りサブカルチャーを中心にとりあげていくサイトですが都市伝説等の「いかにも」なサブカルの他に広い意味でのサブカルとして芸能記事も多く取り扱っていきます。
また政治ジャンルもカバーしており、幅広い層に楽しんでいただけるようなサイトを目指しています。
そのため、ご意見ご要望があればお気軽にご連絡ください。
ちなみに専用twitterアカウントもあるので良ければフォローしてくださるとありがたいです。twitterアカウント↓
https://twitter.com/tureduresubcul
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る